« 「祖国日本の為」 | トップページ | 持続可能な社会 »

2012年1月 9日 (月)

引っ込みがつかなくなって

引っ込みがつかなくなって

47NEWS:原油制裁科せばホルムズ海峡封鎖 イラン指導部決定と高官
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012010801001545.html

イラン指導部の親衛隊的性格を持つ革命防衛隊の高官は、核問題をめぐって原油輸出に制裁が科された場合、原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡の封鎖を命じることを指導部が決定したと述べた。

ふたつばかり書きます。

   *        *        *

ひとつめ。本気だろうか、そして、本気じゃなくても、例え脅しでも引っ込みがつかなくなる事があるのが心配。

人間が集団になると理性的になる場合と、仲間内で盛り上がって暴走してしまう場合がありますから。

ここでアメリカがさらに押したら、イランの国内問題としては、封鎖しないと指導部の面目が潰れかねません。人間、自分の面目が潰れるくらいなら周囲を巻き込んでの破滅に向かって暴走する事があります。イランの指導部にそういった立場の人間がいなければ良いのですが。

また、アメリカも同様で、ホルムズ海峡が封鎖されるからと妥協すれば、アメリカの面目が潰れます。上手に双方の面目を保つ方法があれば良いのですが、そうでない場合、戦争を覚悟しないといけません。

   *        *        *

双方ともに戦争をするつもりが無いのに、戦争が始まってしまう。そんな事がないと良いんのですが。

   *        *        *

ふたつめ。仮に戦争になった場合、原油価格の上昇を招くでしょう。日本の火力発電所のメインは天然ガスだと思いますが、天然ガスの価格への影響はどの程度なのでしょうか。日本は中東から天然ガスを輸入しています(輸入全体の25%程度)。

原油が輸入できないとなると経済に対する影響は大きいでしょう。また、原発の多くが停止している現状では中東からの天然ガスの輸入中断は電力供給にもろに影響します。

経済の低下による電力需要低下と天然ガスの輸入が滞ることによる電力供給能力の低下とどちらが大きいでしょうか。

状況によっては脱原発(反原発)が吹っ飛んでしまうかもしれません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「祖国日本の為」 | トップページ | 持続可能な社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53692427

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ込みがつかなくなって:

» 意見書文例:「『新たな人権救済機関』設置への反対意見書」*利用・改変可* [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
まずは クリックをお願いいたします! ※「新たな人権救済機関」が設置されてその権限が強化された場合、言論が弾圧され、結果として他の「日本解体法案」も次々と成立する可能性が高くなります。そこで、...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 10時44分

« 「祖国日本の為」 | トップページ | 持続可能な社会 »