« 伝統的文化 | トップページ | 喧嘩には勝たなきゃなりませんが »

2012年1月 4日 (水)

国民とマスコミは?

国民とマスコミは?

東京新聞:政治に不満85% 世論調査65%「悪い方に進む」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012010302000020.html

「政治のどこに問題点があるか」(二つまで回答)では「政党・政治家」が63%で断然トップ。不満の理由(同)は「政治家の力量不足」40%、「国民の意思が反映されていない」36%、「政局優先の国会」26%と続いた。政権交代三年目で、民主党政権に対する失望感が広がると同時に、対する野党にも厳しい視線が向けられていることが明らかになった。

元ネタの調査結果を見たくて、特に「政治のどこに問題点があるか」という質問の選択肢にどんなものがあるか知りたくてググって見たのですが、見つかりませんでした。

  *       *      *

「政治のどこに問題点があるか」と言う質問をするなら選択肢として「政治報道」や「国民の政治に対する知識や関心」といった選択肢も必要ではないかと思うのですが、どうなのでしょうか。

特に新聞などのマスコミが社会の木鐸として国民を啓蒙する存在であるならば「政治報道」の質は問わねばなりません。

現在の民主党政権が存在しているのは、マスコミが自公政権を攻撃したから、それも程度の低い攻撃をしたからです(漢字の読み方などのクダラナイことを攻撃していました)。その事を無視して「政治のどこに問題点があるか」なんて質問をしても意味がありませんから。

  *       *      *

政治家や政党自身に問題が無いとは思いませんが、国民やマスコミや政治報道に、特に、政治報道は問題が大きいのではないかと思っています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 伝統的文化 | トップページ | 喧嘩には勝たなきゃなりませんが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53645688

この記事へのトラックバック一覧です: 国民とマスコミは?:

« 伝統的文化 | トップページ | 喧嘩には勝たなきゃなりませんが »