« 悲観的観測をすると | トップページ | 高齢世代の自己責任 »

2012年1月 4日 (水)

押しても良いかも

押しても良いかも

読売新聞:尖閣上陸、北京の日本大使館前で抗議行動
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120104-OYT1T00429.htm

沖縄県石垣市議らが3日に尖閣諸島・魚釣島に上陸したことに対し、北京の日本大使館前で4日午前11時(日本時間正午)頃、中国人男性一人が「中国人民は激しく抗議する」などと叫びながら、大使館に抗議文書を渡そうとして、警察官に取り押さえられる騒ぎがあった。



今年は日中国交正常化40周年にあたり、胡錦濤(フージンタオ)政権は対日関係の安定化に努めており、大規模な反日デモに発展しないよう抗議行動を抑え込んでいるとみられる。

沖縄県石垣市議が尖閣諸島に上陸した事に対して中国政府は抑制的に行動しています。

普通に、と言うか日本的な発想では相手が譲ったら此方も譲って上陸を控えるものだと思います。しかし、中国はこれまで日本が譲るとそのぶん踏み込んで来ました。

日本と中国の間に阿吽の呼吸は出来ていません。外交担当者同士はともかく国と国(国民と人民)の間では出来ていません。

いま中国が抑制的な行動をしているならば、もう少し踏み込んでも良いかもしれません(再度の上陸という既成事実の積み上げをしても良いかもしれません)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 悲観的観測をすると | トップページ | 高齢世代の自己責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53655420

この記事へのトラックバック一覧です: 押しても良いかも:

« 悲観的観測をすると | トップページ | 高齢世代の自己責任 »