« 民衆に支持される独裁者? | トップページ | 不安なんですけど »

2012年1月 6日 (金)

昭和金融恐慌の引き金はなんでしたっけ

昭和金融恐慌の引き金はなんでしたっけ

毎日新聞:山岡・国家公安委員長:訓示で「ユーロ破綻、経済の大津波が」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120106ddm005010176000c.html

山岡賢次国家公安委員長兼消費者担当相は5日、内閣府職員への年頭訓示で「近々、ユーロは破綻するんじゃないか。中国(経済)のバブルも破裂する可能性がある」との見方を示したうえで「金融・経済の大津波がやってくる」と述べた。欧州債務危機への懸念を強調する意図があったとみられるが、担当でもない閣僚が具体的な根拠を示さずに他国通貨の破綻を予言し、それを「津波」に例えたことに批判が出そうだ。

山岡さんは財務大臣ではありませんけど、戦前の大臣(ぐぐったら片岡直温大蔵大臣でした)が失言して恐慌の引き金を引いたことを連想しました(同案多数でしょうが)。

幸いにして山岡さんや民主党政権の経済的センスを信頼している人はいないでしょうからパニックは起きないでしょうけど。

  *        *        *

漢字の読み方を問題に出来た昔が懐かしい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民衆に支持される独裁者? | トップページ | 不安なんですけど »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株の初心者の資金 | 2012年1月 6日 (金) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53667470

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和金融恐慌の引き金はなんでしたっけ:

» 橋下徹の正体を「フランス革命の省察」から読み解く [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今…... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 15時13分

« 民衆に支持される独裁者? | トップページ | 不安なんですけど »