« 逆に考えると簡単です | トップページ | アメリカにとってはどんな問題なんだろうか »

2012年1月29日 (日)

身勝手な教育

身勝手な教育

産経新聞:富山で日教組教研集会 政務三役は今年も欠席
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120128/edc12012809380004-n1.htm

教研集会は30日まで3日間の日程で行われ、人権や平和教育など計726本の教育実践を報告。震災や東京電力福島第1原発事故を受けて教育現場で悩む教員や子供の課題に関連した報告が約1割の70本以上を占める。

教職員の組合に対する違和感というか不信感は、国民の支持や監視を受けることなく身勝手な教育を行っているのではないか、という疑問があるからだ。

「人権や平和教育など計726本の教育実践を報告」

国民の代表者である国会議員に対して報告はなされているのだろうか。身内だけで自己満足に陥っていないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 逆に考えると簡単です | トップページ | アメリカにとってはどんな問題なんだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53849454

この記事へのトラックバック一覧です: 身勝手な教育:

« 逆に考えると簡単です | トップページ | アメリカにとってはどんな問題なんだろうか »