« イラク戦争の正しさとイラク戦争支持の正しさは違う | トップページ | 民主党になって成長したもの »

2012年2月 3日 (金)

素人でも良いけれど

素人でも良いけれど

読売新聞:硫黄島の読み、たどたどしく…素人ぶりの防衛相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120202-OYT1T00930.htm?from=main2

田中氏は、この日の答弁でも言い間違いや事実誤認の発言を連発した。国連平和維持活動(PKO)で民間活動団体(NGO)などを警護する場合の武器使用について、「一つの部隊の中で活動していればできると思う」と答弁し、自民党の質問者の石破茂・元防衛相から「民間人が部隊の中で活動するわけがない」と指摘された。

自衛隊を合憲とする政府の憲法解釈の根拠についても、「私自身は理解していない」としたほか、自衛隊基地がある硫黄島(いおうとう)の読み方を問われ、たどたどしく「いおうとう、ではないかと思う」と答えるなど、「素人」ぶりを露呈した。

「硫黄島」が「いおうとう」でも「いおうじま」でも、入学試験じゃないんだから、どっちでもいいんだけれど、民間人が軍部隊のなかでどの程度の活動するかとか、憲法九条のロジックとかは知ってなくちゃならないと思う。

  *        *        *

政治指導者は知識があれば良いというものではない。どんな人間も全ての事を知ることはできない、知らないことは必ずある。そこを非難することは容易い。

だから、漢字の読み方とかをカップヌードルの値段の知識がないことを非難したりすることを苦々しく思う。

硫黄島の読み方などはその類の質問だと思う。

しかし、武器使用基準の問題や憲法九条の問題は知らなきゃならない問題だと思う。

  *        *        *

政治家は素人でも良いと思う。専門家集団の官僚の進言を聞いて(人々の生死がかかった問題で)GO・STOPが正しく判断できれば良い。あるいは「この人が間違ってオレが死んでもしかたないか」と思わせる様な度量があれば良い.....というのは高望みが過ぎるかもしれない。

だけど、田中防衛大臣はあまりにも酷すぎるように思われてならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« イラク戦争の正しさとイラク戦争支持の正しさは違う | トップページ | 民主党になって成長したもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53888755

この記事へのトラックバック一覧です: 素人でも良いけれど:

« イラク戦争の正しさとイラク戦争支持の正しさは違う | トップページ | 民主党になって成長したもの »