« 未来に対する責任 | トップページ | イメージギャップ »

2012年2月14日 (火)

既に同等の権利をお持ちですよ、あるいは

既に同等の権利をお持ちですよ、あるいは

朝鮮新報:京都で人権協会シンポジウム 在日朝鮮人の人権を考える
http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=52943

徐勝特任教授は、すべての人々が自己実現のための権利を持っているが、在日朝鮮人の人権は根本的に、植民地支配とその後の分断体制、そして今日の朝鮮バッシングの中で抑圧されていると指摘。「私たちは奪われた存在だ」という意識を明確に持つべきであり、日本人と限りなく同等の権利を獲得することを目標に権利運動を展開しなければならないと訴えた。

「日本人と限りなく同等の権利を獲得すること」

ここは日本ですから。日本人の権利とそれ以外の人々の権利に違いがあって当然です。逆に言えば、日本人が北朝鮮に行った場合、北朝鮮の人々が参加する選挙には参加できませんし、監視も付くそうですし、権利を制限されるわけです。

そう考えると、在日朝鮮人は日本人と同じ権利を持っていると言えなくもありません。

うん、既に同等の権利をお持ちなのではないでしょうか。北朝鮮の人々は自国を「共和国」と言うそうですが、本当に共和国なら、ね。

  *        *        *

「日本人と限りなく同等の権利を獲得すること」

前後の文脈を無視して解釈すると、北朝鮮の人々が(北朝鮮で)日本人同じような政治的権利を持つことを目指す、つまり北朝鮮での民主革命を目指すと解釈できなくもないなぁと考えてしまいました。

  *        *        *

北朝鮮の人々、在日朝鮮の人々の人権の為に戦うのなら、戦う相手は日本ではなく、北朝鮮政府です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 未来に対する責任 | トップページ | イメージギャップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53979868

この記事へのトラックバック一覧です: 既に同等の権利をお持ちですよ、あるいは:

» バルサ、中田英寿、地方分権 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今…... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 22時05分

« 未来に対する責任 | トップページ | イメージギャップ »