« 自由を言いながら | トップページ | 大人世代の責任 »

2012年2月 1日 (水)

思想的な話だけじゃなく

思想的な話だけじゃなく

朝日新聞:教育改革を柱に=国政進出への政権公約—橋下大阪市長
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201201310050.html

地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は31日、国政進出を目指す同会の次期衆院選などに向けたマニフェスト(政権公約)について、「教育行政を変えることが、日本を再生させるための非常に重要な軸になることは間違いない」と述べ、教育改革を柱の一つに掲げる考えを明らかにした。市役所内で記者団に語った。

政治家が教育について話をすると君が代などの政治思想的なことが問題になることが多いですが、日本の教育の問題のひとつは、国歌斉唱時の不起立問題と同じくらいの問題は国家として(社会として)お金を出さなすぎということです。

「教育行政を変えることが、日本を再生させるための非常に重要な軸になることは間違いない」

是非「教育にお金をかける」ということをお願いします。

  *        *      *

日本は若者に投資しなさずぎです!

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 自由を言いながら | トップページ | 大人世代の責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53873504

この記事へのトラックバック一覧です: 思想的な話だけじゃなく:

« 自由を言いながら | トップページ | 大人世代の責任 »