« イメージギャップ | トップページ | 後味が悪い »

2012年2月15日 (水)

まぜっかえすわけではなく

まぜっかえすわけではなく

しんぶん赤旗:北電「絶対的な安全は不可能」と開き直り
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-14/2012021401_07_1.html

市川守弘弁護団長は、口頭弁論終了後の報告会で、「危険な断層の近くにつくったのが泊原発」と強調。「北電は答弁書の中で、原発について『常にいくばくかの危険性を伴っている。絶対的な安全を求めるのは不可能』と開き直っています。怒りを持ってこの事実を道民に伝えたい」と話しました。

「絶対的な安全を求めるのは不可能』と開き直っています」

どんなことでも人間だから「絶対的な安全」と言うのは有り得ない訳で。

例えばこの弁護団長が車を運転するかどうか知りませんけど、安全運転を心がけていても、「絶対に事故を起こさないし、誰も殺さない」とは言えないわけです。

「絶対的」という言葉を重く考えると出歩くことも出来ません。だって、お年寄りなんかはぶつかって転んだだけで死んじゃう場合もあるんですよ。よちよち歩きの幼児とぶつかったら転ばせて怪我をさせるかも知れませんよ。

道を歩いていて「絶対に誰にもぶつからない」と言い切ることって出来ます?

道を歩くって事は他人に怪我をさせる(させられる)危険を冒していると言うことなんです。

  *        *        *

「絶対的な安全を求めるのは不可能』と開き直っています」

まず、自分が「絶対的な安全」を持って道を歩けるようになってから、おっしゃって頂くと説得力が出てくると思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« イメージギャップ | トップページ | 後味が悪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53987966

この記事へのトラックバック一覧です: まぜっかえすわけではなく:

« イメージギャップ | トップページ | 後味が悪い »