« 餓死とプライバシーと余計なお世話 | トップページ | アナタも私も同じ様なものかもね »

2012年2月22日 (水)

ほんとうに実現するなら原発を止められる

ほんとうに実現するなら原発を止められる

読売新聞:エレベーターで「2050年宇宙の旅」
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20120221-OYT8T00391.htm?from=osusume

エレベーターに乗って地上と宇宙を行ったり来たり――。こんな夢のように壮大な構想を、ゼネコンの大林組(東京)が20日、2050年に実現させる、と発表した。

鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維「カーボンナノチューブ」のケーブルを伝い、30人乗りのかごが、高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かう計画という。

まぁ「構想」なんでしょうし、40年もたてば作成した人間は引退してるのは確実だし(生きてるかどうかも判らない)どこまで確実なのかは判らないけれど、本当に軌道エレベータが実現したら大規模な宇宙太陽光発電も実現できるだろう。事実上無限のエネルギーが得られ、原発なしでも大量の電力が得られる。完全な脱原発が可能になる。

  *        *       *

脱原発は後ろ向きではなく前向きに実現したい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 餓死とプライバシーと余計なお世話 | トップページ | アナタも私も同じ様なものかもね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54043808

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとうに実現するなら原発を止められる:

« 餓死とプライバシーと余計なお世話 | トップページ | アナタも私も同じ様なものかもね »