« 大人世代の責任 | トップページ | イラク戦争の正しさとイラク戦争支持の正しさは違う »

2012年2月 1日 (水)

精緻なサービス・大雑把なサービス

精緻なサービス・大雑把なサービス

琉球新報 社説:共通番号制 プライバシー守れるのか
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186882-storytopic-11.html

共通番号制は消費税増税時に低所得者の負担軽減策を導入するために必要として、政府が2015年1月からの利用開始を目指している。2月に国会に法案を提出する方針だ。

自民党政権時代から何度も検討されてきた制度だが、国による監視強化への不安から実現には至っていない。導入されれば個人情報が漏れてプライバシーが侵される懸念がある。到底容認できるものではない。

情報が無ければ助けようがないという事実をしてきしておきたい。

誰かが困窮して助けてほしいと言ってきたとしよう。で、あなたがどんな経済状態なのと尋ねたら「プライバシーだから答えられない」と返ってきたら(気持ちの上だけではなく)何をどう助けたら良いのか判らず助けようがないという事にならないか。

  *        *        *

今回の共通番号制は消費税増税とセットで出てきた。低所得者層に対して還付する為という事で出てきた。政府が所得を細かく把握できなければ、細かく還付することは出来ない。

政府に精緻な福祉を要求するなら、政府に情報を集めなければならない。(プライバシーを気にして)情報を集めないのなら、大雑把な福祉で満足するしかない。

  *        *        *

共通番号制に反対するなら、その延長線上には、福祉を受ける側(多くの場合は弱者)に自ら情報を集め申請するという事を(強者が持っている能力と努力を)要求することになるだろうことに自覚的でなければならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 大人世代の責任 | トップページ | イラク戦争の正しさとイラク戦争支持の正しさは違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53881017

この記事へのトラックバック一覧です: 精緻なサービス・大雑把なサービス:

« 大人世代の責任 | トップページ | イラク戦争の正しさとイラク戦争支持の正しさは違う »