« エイリアンより重大なこと | トップページ | 正しいかもしれないが役立たず »

2012年2月 7日 (火)

中国人民にとっての選挙権

中国人民にとっての選挙権

日本経済新聞:中国首相「農民の選挙権、必ず保障」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE2E7E2E3998DE2E7E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

中国の温家宝首相は4日まで訪れた広東省広州市で、各地の村の自治組織である村民委員会の選挙について「農民の選挙権は必ず保障しなければならない」と述べた。中国政府が5日発表した。広東省汕尾市の烏坎村で選挙の不正を巡って村幹部と村民が対立し、村民の意向を受け入れて新たな選挙手続きが始まったことなどを念頭に、公正な選挙の徹底を訴えたとみられる。

中華人民共和国は共産党の支配下にあり、いわば中国共産党によって植民地支配されているようなものです。そのような状況下で地方参政権を保障されたところで、どの程度の意味があるのでしょうか。何がおきるでしょうか。

地方の要求を中央が拒否する、あるいは地方の要求を省や市レベルで拒否するような表立った軋轢が起きるだけではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« エイリアンより重大なこと | トップページ | 正しいかもしれないが役立たず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53923402

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民にとっての選挙権:

» 猫ひろしと地球市民教(その二) [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今…... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 23時03分

« エイリアンより重大なこと | トップページ | 正しいかもしれないが役立たず »