« 天皇陛下に対する態度について | トップページ | 前橋市長選挙雑感 »

2012年2月20日 (月)

無利子&返還不要の奨学金を増やすべきだ

無利子&返還不要の奨学金を増やすべきだ

朝日新聞:返せぬ奨学金、返還訴訟が急増 背景に若者の困窮
http://www.asahi.com/national/update/0218/SEB201202180041.html

学生時代に受けた奨学金の返還に行き詰まる例が相次いでいる。国内最大の奨学金貸与機関、独立行政法人・日本学生支援機構が返還を求めて全国の裁判所に起こした訴訟は、過去5年間で9倍近くに急増した。背景に、就職の失敗や就職先の倒産で生活に困窮する若年層の姿が浮かぶ。



日本学生支援機構の奨学金には、無利息の「第1種」と、利息がつく「第2種」があり、2011年度時点の貸与額は新規と継続分を合わせて1兆781億円(予算ベース)。不況のせいか、奨学金を利用する学生は増える一方だ。11年度は約127万人で、10年前の約1.7倍に。延滞額も増え続けている。10年度は852億円で、5年前の約1.5倍に増えた。

奨学金を返済できない事例の増加は、学校教育の価値が減じているとも言えるし、親の経済的困窮を示しているとも言える(多くの親は子供の教育費を出したいと思っているものだから)。

  *        *        *

大学への進学率は50%を超えている。このまま進めば、大学教育(あるいは各種学校)までが義務教育的なものになるだろう。そうなったら親がどんなに貧乏でも学校に行けるようにすることは必要だし、その費用を借金として若者に背負わせるのはどんなもんだろうかと思う。

  *        *        *

奨学金(無利子や返済不要なもの)を増やすべきだ。これは少子化対策にもなる。だって真面目な人ほど子供の教育に責任を持ちたいと思うものだし、20年後に(子供を作ると決断してから学校教育が終わるまで20年程度かかることを思い起こしてほしい)収入があると自信を持っていえる人はどれくらいいるだろうか。教育費が不安で子供を持てないなんて事が無いようにするべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 天皇陛下に対する態度について | トップページ | 前橋市長選挙雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54029655

この記事へのトラックバック一覧です: 無利子&返還不要の奨学金を増やすべきだ:

» 最近の大学生の悩み:健康長寿訓と理想の夫婦訓 [脳挫傷による見えない障害と闘いながら]
返せぬ奨学金、返還訴訟が急増 背景に若者の困窮友人に居た。現在大学生の姪もそうだが、学生時代に受けた奨学金の返還に行き詰まる例が相次いでいる。国内最大の奨学金貸与機関、独立行政法人・日本学生支援機構が返還を求めて全国の裁判所に起こした訴訟は、過去5年間で9倍近くに急増した。背景に、就職の失敗や就職先の倒産で生活に困窮する若年層の姿が浮かぶ。... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 11時01分

« 天皇陛下に対する態度について | トップページ | 前橋市長選挙雑感 »