« インフラ屋の嘆き | トップページ | 脅しじゃないと思うよ »

2012年3月 6日 (火)

人間は群れを作って権益を守る動物であるという前提を忘れるな

人間は群れを作って権益を守る動物であるという前提を忘れるな

しんぶん赤旗:「君が代」の現場語る 「国策」教育、思考停止生む
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-05/2012030515_03_1.html

「『国策』のための教育から子どもたちのための教育へ」と題した集会が東京都文京区で4日、開かれ130人が参加しました。

学校に自由の風を!ネットワーク、「子どもはお国のためにあるんじゃない!」市民連絡会、子どもと教科書全国ネット21の共催。

「子どもはお国のためにあるんじゃない」これは正しいと認める。しかし、私は儀式などの場面での君が代斉唱時には起立すべきと思う。教師などの子供の範となるべき立場の人は起立しないのは許されないと思う。

  *     *     *

人間は群れを作って権益(縄張りなどの物質的なもの、そして宗教や思想や風俗習慣などの精神的なもの)を主張し獲得する。大きく、また、結束したほうが強い。

そして、ある程度の規模となるとシンボル的なものがなければ、結束出来ない。国旗・国歌・天皇陛下(シンボル的な人間)は、結束を高める。

私が国旗国家への敬意の表明を教師に求めるのは、子供達に「強い群れ(強い国家)の一員」であって欲しいから。国旗や国歌に対して敬意を払う人の多い国家の方が強い国家であるだろうから。

  *     *     *

「愛国心」は狡い人間にとって利用できるものだ。しかし、国民に愛国心がなければ、その国は他国の支配を受けることになるだろう。そして、その場合、支配された国民が幸せであることは、なかなか期待出来ない。

  *     *     *

「子どもはお国のためにあるんじゃない」これは正しい、しかし、君が代や日の丸に敬意を払わないことは子供たちを不幸にするのではないか。

子供達の幸せの為に、教師は(内心はどうであれ)、国旗国歌に敬意を払うべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« インフラ屋の嘆き | トップページ | 脅しじゃないと思うよ »

コメント

教育は、教師のものじゃない

投稿: a | 2012年3月 6日 (火) 07時26分

おかげですっきりいたしました。
腑に落ちるとは正にこのことです。
この「なぜ愛国心を持つべきか」が説明できなかったんです。
天皇陛下にも、国にも、自衛隊も慕い、敬意を払っていますが、
なにせ当たり前のことで、説明が出来ませんでした。
本当に良かった、よく分かりました。おかげさまで勉強になりました。

投稿: ohsui | 2012年3月 9日 (金) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54152130

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は群れを作って権益を守る動物であるという前提を忘れるな:

« インフラ屋の嘆き | トップページ | 脅しじゃないと思うよ »