« 孤立死・孤独死に慣れるのが嫌なら | トップページ | 「上空を通過する恐れがある」じゃなくて »

2012年3月20日 (火)

あんたの負け

あんたの負け

ニコニコニュース:君が代不起立教諭 「抵抗教員に上から圧力。精神的に参る」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw217156

ある市教職員組合の小学校教諭は、『不起立宣言』なる声明を作成し、今後の「闘争」をこう呼びかけている。

〈橋下・維新の会のファッショ的独裁を許すことは民族差別・排外主義と新たな侵略戦争を許すことになると考えています。君が代解雇条例を阻止するために、今こそ学校現場での不起立の闘いが重要です〉

ただ、こうした言葉を聞くと、橋下VS教職員組合の攻防には、卒業式や入学式の主役たる「児童・生徒不在の闘争」という虚しさを感じざるを得ない。

2重引用されている上に一部分なのですが、「不起立宣言」なるものの文章を読んで共感する人はどれだけいるのかと思いました。共感する人間は極少数に止まるんじゃないでしょうか。

  *        *      *

社会に大きな影響を与えようとするなら、多数の人間の共感を得なければなりません。

橋下さんは選挙で勝ったばかり、そして、選挙前から君が代や日の丸についても教職員の組合(日教組)などには対立的な言動をとっていました。世論は橋下さんの側にあります。

その橋下さんに今までと同じ方法で対抗しようとしています。負けた戦略を繰り返す。太平洋戦争後半、旧日本軍はアメリカ軍に負け続けても戦術戦略を修正することが出来ませんでした。戦って負けて、でも、次の戦いでも同じ戦術を取ってしまいました。

市教職員組合の方々は旧日本軍と同じような状況、うすうす負けると判っているし、連敗しているし、戦術の転換が必要だと判っていても組織内の空気に負けて戦術転換や降伏が出来ない状況になっているのではないでしょうか。

  *        *      *

とっとと負けてもらった方が、みんな楽なんですけどねぇ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 孤立死・孤独死に慣れるのが嫌なら | トップページ | 「上空を通過する恐れがある」じゃなくて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54262563

この記事へのトラックバック一覧です: あんたの負け:

« 孤立死・孤独死に慣れるのが嫌なら | トップページ | 「上空を通過する恐れがある」じゃなくて »