« まだ東京にいたんだ | トップページ | 人攫いに思うこと »

2012年3月11日 (日)

男もおんなじ

男もおんなじ

楽天woman:山口美江の謎の死にみる「女性の孤独死問題」
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=menscyzo_10Mar2012_9536

女性の社会進出が進み、結婚の必要性を感じなくなった女性は一般社会でも増えている。ライフスタイルの変化といえばそれまでだが、そこには悲しい孤独死を招きかねない危険性が潜んでいることも忘れてはならない。これは独身貴族を続けている男性にとっても他人事ではない無縁社会の闇といえるだろう。

若いうちは病気もあんまりしないし風邪引いてもたいしたことにならずにすむ。だけど40過ぎると、人間、体にガタが来るものだ。

「無縁社会の闇」というと大袈裟で現実感がないけれど、でも、結婚してない一人暮らしの中高年というと身近にいる。私の勤務先のエンジニアには30過ぎても40過ぎても結婚しないのがいる。半数ぐらいはそうではないかな。

同僚のひとりが最近病気がちなのだけれど、40過ぎて一人暮らし。大丈夫だろうか。

   *        *        *

一人暮らしは気楽で良いかもしれない。しかし、人間の安全保障という意味では不安定なものであると覚悟しておかなければならない。また、最近何度か報道されているが、経済的理由で死亡(餓死など)したあと数日・数週間後に発見されるという事が起きている。これも同じなのかもしれない。

プライバシーを守る為に、孤立死や餓死があることを容認するか。それとも、孤立死や餓死を起こさないために、プライバシーを犠牲するか。

   *        *        *

プライバシーと無縁社会の闇は隣り合わせだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« まだ東京にいたんだ | トップページ | 人攫いに思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54192819

この記事へのトラックバック一覧です: 男もおんなじ:

« まだ東京にいたんだ | トップページ | 人攫いに思うこと »