« 不信の溝 | トップページ | 知恵がないのです »

2012年3月12日 (月)

倫理的責任

倫理的責任

ニコニコニュース:原発事故で「鎮魂の余裕なし」=1万人が抗議集会―福島
http://news.nicovideo.jp/watch/nw212527

ノーベル賞作家の大江健三郎さんも壇上に立ち、政府や産業界について「政治的、経済的責任よりも、人間が生きていく上で倫理的責任を重んじないといけない」と批判。事故の可能性がある以上、国内の原発は全廃すべきだと強調した。

「事故の可能性がある以上」ということは、人間の生命を傷つける可能性を排除せよと言うことなのだろう。他人の生命の犠牲の上に立った経済的繁栄や利便さを否定しているという事なのだろう。それが倫理的だと。

   *        *        *

今日、お昼ご飯にお弁当を買った。昨日はコンビニでのど飴を買った。私はコンビニで買い物をするとき、時々だが、コンビニの配送トラックに轢かれた子供の事を思う。私の子供でも知り合いの子供でもないけれど、近所であった交通事故で、子供がひとり亡くなったことは事実だ。

私が享受しているコンビニの便利さは配送トラックによって(配送トラックによっても)支えられている。そして、交通事故の発生は否定しようのない事実だ。

これはコンビニに限らない。あらゆる商品は輸送されている。その過程で交通事故が起きている。

私達が商店で、コンビニでスーパーで、買い物をすることは「倫理的」だろうか。

   *        *        *

先日、漁船と貨物船の衝突事故のニュースを見た。私達が海の魚を食べることがなければ、あの漁師さんは犠牲にならずにすんだ。

   *        *        *

原発労働者の状況が問題視されることがある。私には現実感があまりない。私に取って現実感のあるのは長距離トラックの運転手だ。何故だかは判らないけれど、死ぬことや(事故で)殺すことになってしまう立場の彼等は、原発労働者よりも厳しい立場に置かれているのだと、私には思える。

   *        *        *

原発を「倫理的責任」をもって非難するならば、私には、すべてのものを非難しなければならないように思われる(と言うような事を本気で考えたら鬱になってしまうか、悟りを開かないといけなくなる)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 不信の溝 | トップページ | 知恵がないのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54208356

この記事へのトラックバック一覧です: 倫理的責任:

« 不信の溝 | トップページ | 知恵がないのです »