« 非現実的 | トップページ | 脱原発と弱者切り捨て »

2012年3月18日 (日)

橋下さんは無能の階段を登っているか

橋下さんは無能の階段を登っているか

毎日新聞:岡田副総理:大連立打診 水面下に連携機運
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120318ddm002010087000c.html

岡田氏は別の自民党幹部との会談で、次期衆院選で台風の目になるとみられる橋下徹大阪市長の人気について「1年ぐらいしたらメッキがはがれるのではないか」と語っており、この幹部は「岡田さんは選挙を遅らせる気持ちが強いというのがよく分かった」という。

マーフィーの法則ほど有名ではないが「ピーターの法則」というものがある。「無能の階段」という言葉を聞いたことのある方はいらっしゃるだろうか。

   *        *        *

ピーターの法則をざくっと説明すると、「(1)人は有能であると出世する」「(2)出世したポジションで要求される能力は、有能さを示したポジションで要求された能力とは異なる」「(3)出世した先のポジションで有能さを示せないと、出世することは出来ず、そのポジションに留まりつづける」。

これ以外にも色々と面白いことあったりするので、気になった方は、ググるなり本を読んだしてみてください。

   *        *        *

地方自治体の首長に求められる能力と総理大臣に求められる能力は異なります。イジワルな言い方をすると、知事や市長は中央政府に対して要求する立場・野党的立場でいることが出来ます。橋下さんの人気は「要求する立場」「野党的立場」であることによるものではないか。やや悪意をこめて言うならば、かつての野党時代の民主党の人気のようなものと言えなくもありません(市長や知事として実務に関わっていますから、民主党よりもマシかもしれませんが)。

ピーターの法則を橋下さんに当てはめると、彼は「無能の階段」を登りきっていません。当面は有能でありつづけ人気も落ちないでしょう。

   *        *        *

橋下さんの「メッキがはがれる」としたら、それは国政に打って出た後のこと、最悪のパターンだと、民主党のように政権を獲得した後の事になると思います。

岡田さんは「1年ぐらいしたら」なんておっしゃっていますが、民主党政権の立場としては見方が甘いと言えるでしょう(希望的観測なのかな)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 非現実的 | トップページ | 脱原発と弱者切り捨て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54247951

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下さんは無能の階段を登っているか:

« 非現実的 | トップページ | 脱原発と弱者切り捨て »