« 反日教育が原因ですからねぇ | トップページ | 実際に起きた事は »

2012年3月 7日 (水)

中国の不動産バブルは崩壊しつつあるけど

中国の不動産バブルは崩壊しつつあるけど

NHK:中国 「不動産税」拡大を検討
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120307/t10013535001000.html

また、5日に全国人民代表大会で演説した温家宝首相も「不動産市場をコントロールすることは最も重要な段階に来ている」と述べ、不動産価格の抑制を続ける方針を強調しています。

ただ、中国の不動産市場は、政府による金融引き締めや住宅ローンの規制が長期化した影響で、このところ取引量が急速に減少し、一部の都市では不動産仲介業者の経営破綻が相次いでいます。

このため、「不動産税」の導入都市が増えれば、市場が一気に冷え込んで価格が大幅に下落し、バブルの崩壊につながるのではないかと懸念する見方も出ています。

いや、「取引量が急速に減少」して「動産仲介業者の経営破綻が相次いで」いたら、「バブルの崩壊につながる」とか懸念じゃなくてバブル崩壊でしょうに。

中国政府は潰れても平気だ(あるいは日本のようには長期化しない)という認識なんでしょう。本当かどうかは知りませんけど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反日教育が原因ですからねぇ | トップページ | 実際に起きた事は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54160762

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の不動産バブルは崩壊しつつあるけど:

« 反日教育が原因ですからねぇ | トップページ | 実際に起きた事は »