« ニュースはどっち | トップページ | 危険信号 »

2012年3月 3日 (土)

視野狭窄

視野狭窄

ニコニコニュース:「"いのち"を犠牲にする発電はやめよう」 全日本仏教会・河野太通会長<インタビュー「3.11」第1回> 2/6ページ
http://news.nicovideo.jp/watch/nw205902/2

全日本仏教会が原発を問題にしているのは、ただ物理的な被害で人々が苦しんでいるからという理由に留まらず、仏教者として「いのちを大切にしましょう」というところが原点です。仏教は、人権の平等、生命の尊厳を教えの根本理念としています。原子力発電がいかに「人間の『いのち』を粗末にすることになるか」という点から、これに反対せざるを得ませんでした。原発に対しては、それぞれの立場や理由から反対される方がいらっしゃいますが、私たちは「人間の根本である『いのち』を犠牲にする発電はやめよう」という立場です。

なんども書いている事だけれども、原子力発電がいのちを傷つける側面を持っていることを否定しない、しかし、他の発電でも同じ側面を持っている。化石燃料による発電だって事故を起こすし有害物質を排出して「いのち」を脅かす。だから、私には、全日本仏教会・河野太通会長の発言は全く説得力を持っていない。

  *        *        *

仏教というのは哲学的で単純ではないという印象を私は持っていた。単純にみえる事故や事件も様々な要因があって、単純な「いのちを~」なんて運動をするように思ってはいなかった。

私の仏教というもに対する見方からすると、全日本仏教会の行動は不思議な感じがする。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ニュースはどっち | トップページ | 危険信号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54132820

この記事へのトラックバック一覧です: 視野狭窄:

« ニュースはどっち | トップページ | 危険信号 »