« 適用範囲の拡大と同時に適用される者の拡大を | トップページ | 価値観への介入は許されるか »

2012年4月30日 (月)

危険神話

危険神話

中日新聞 社説:それでも原子力か 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012043002000066.html

水俣病をはじめとする公害は国民的自省を求めました。しかし原子力について、私たちは過去あまりにも楽観的で(欧州もまた同様でしたが)警戒心を欠いてきました。放射能汚染はただの公害ではなくて大地を死なせ、人には長い健康不安を与えるのです。

そういう「イメージ」が原子力や放射能にあることは事実です。しかし、本当にそうでしょうか。

健康「不安」は事実でしょうが、健康被害は事実でしょうか。

本当に「大地を死なせ」るのでしょうか。

事故の検証をすることは大事です。しかし、同時に、こういった危険神話の検証もするべきです。私達はオバケを怖がっているのではないか。一部のマスコミや学者や政府に踊らされているのではないか。

そういった疑問も大事だと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 適用範囲の拡大と同時に適用される者の拡大を | トップページ | 価値観への介入は許されるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54593261

この記事へのトラックバック一覧です: 危険神話:

» 橋下徹の馬鹿さ加減は人間の限界を超えてます [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 02時04分

« 適用範囲の拡大と同時に適用される者の拡大を | トップページ | 価値観への介入は許されるか »