« 敵基地攻撃と先制攻撃は別物です | トップページ | 「悲惨な事故」でも死者ゼロ »

2012年4月16日 (月)

関西から脱出

関西から脱出

読売新聞:夏の電力に企業ピリピリ、再稼働なし18%不足
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120415-OYT1T00196.htm?from=main1

2割程度に上る節電を達成するためには、政府は、産業界による通常の節電努力を超えた休日シフトなどにより、メーカーの大幅減産といった影響が避けられないとしている。

関西に大型工場を持つパナソニックやシャープは、円高によるコスト増で巨額赤字に苦しんでおり、主力のテレビ事業を縮小している。パナソニックは、原発が動かず節電を求められれば「生産に大きな影響が出る恐れがある」と警戒している。さらに、火力発電への振り替えで電気料金が値上がりすれば「ものづくりを続けられない」(首脳)と悲鳴を上げる。

日本経済新聞:経産相「原発稼働、一瞬ゼロに」 大飯再開に時間
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E7E2E2858DE3E7E2E6E0E2E3E09F9FEAE2E2E2

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の5月の連休中の再稼働が困難になった。政府が再稼働の条件とした地元自治体の同意には時間がかかり、京都府や滋賀県など近隣自治体の反発も根強いためだ。唯一稼働する北海道電力泊原発3号機は5月5日に定期点検に入る予定で、国内の原発は一時的に全て停止する見通しだ。

枝野幸男経済産業相は15日、徳島市内の講演で「稼働する原発が5月6日から一瞬ゼロになる」と明言した。政府が原発の稼働がなくなるとの見通しを示すのは初めて。

関西圏での電力不足はどうなるでしょうか。

こんな状況では関西の企業は設備投資が出来ないどころか通常の経営にも支障が出るでしょう。

関西圏の方々は、電力不足から不況になることを覚悟しておいた方が良いかもしれません。

  *        *       *

でも、電力不足で不況になり失業したり就職出来なくなったとしても、あるいは、大規模停電が起きたとしても「電力会社の陰謀!」って叫んで主張を変えない人間は残るんだろうな。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 敵基地攻撃と先制攻撃は別物です | トップページ | 「悲惨な事故」でも死者ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54483546

この記事へのトラックバック一覧です: 関西から脱出:

« 敵基地攻撃と先制攻撃は別物です | トップページ | 「悲惨な事故」でも死者ゼロ »