« 雑感 | トップページ | 「これさえ解決できれば幸福になる」「本当?」 »

2012年4月22日 (日)

人間はそんなに高級な存在ではない

人間はそんなに高級な存在ではない

中日新聞 社説:「欧州市民」が下す審判 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012042202000069.html

その点を容赦なく突いているのがルペン仏国民戦線党首です。「我々の政治指導者たちは欧州合衆国の創造をめざしています。その帰結が経済的に弱体化した現在の欧州の姿です。ユーロに対する狂信が、世界の危機をつくり出しているのです」。ギリシャでも極右政党が勢力を伸ばし、議会入りをうかがっています。

移民排斥や大衆迎合主義など、過度のナショナリズムへの傾斜がいかなる社会を生んできたか。EUの原点を思い起こすだけで十分でしょう。

「過度のナショナリズム」ってなんだか判りませんけど、欧州の失敗というか、欧州でナショナリズムが力を得ているのは、多文化主義や移民の結果なんだと思います。

インテリな方々の理想が理想であることは認めるし、インテリな方々の頭が良いことも認める。けれど、彼等は人間を理解できないていないんじゃないか。

  *        *       *

風俗宗教・生活習慣・主義主張が異なる人間がいっしょに暮らすと軋轢をもたらします。自分とは異なる経済観念・経済活動をしている人が、経済的に破綻したとしても、援助する気にはなかななれません。

  *        *       *

現在のEUは統合しようとする反発です。この反発への対応は難しいでしょう。理由は2つ。

ひとつめは、上に書いたように、人間の本性に基づく反発だから簡単には無くせない。

ふたつめは、統合の理念が寛容や融和だから。寛容や融和を掲げながら特定の思想を(例えば右翼や民族主義を)排除したら、それは自己矛盾です。故に右翼や民族主義者を排除できない。

  *        *       *

「移民排斥や大衆迎合主義など、過度のナショナリズムへの傾斜がいかなる社会を生んできたか。EUの原点を思い起こすだけで十分でしょう」

理想としたものは良かったかも知れない、しかし、理想を無理な方法で追求した結果、不幸な状況を作りつつあるのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 雑感 | トップページ | 「これさえ解決できれば幸福になる」「本当?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54531061

この記事へのトラックバック一覧です: 人間はそんなに高級な存在ではない:

« 雑感 | トップページ | 「これさえ解決できれば幸福になる」「本当?」 »