« 行き詰まるとき | トップページ | 全体主義に右翼も左翼もない »

2012年4月28日 (土)

こうなることは判っていたのですよね

こうなることは判っていたのですよね

琉球新報:普天間移設、辺野古以外も検討へ 再編で日米共同文書
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190550-storytopic-3.html

日米両政府は27日、在日米軍再編見直しの共同文書を同時発表した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古へ県内移設する現行計画をめぐり、政治的に実現可能なことなどを条件に挙げ、辺野古以外にも検討の余地を広げる文言を盛り込んだ。代替施設が完全に運用可能となるまでの普天間補修の必要性も指摘し、日米の経費分担を明記。普天間の辺野古移設は事実上、不可能との見方が強まっており、普天間使用の長期化は避けられない。

私は地位のある人間を評価するとき、特に政治指導者や社会全体に影響を与えようという運動をしている方々を評価するとき、動機や手段よりも結果で評価する。

普天間の辺野古への移転に反対している方々は、この結果を予想していたのでしょうか。これが彼等の望みだったのでしょうか。

  *        *       *

彼等は、この結果を予想していたでしょうか。予想出来ていなかったら無能です。あるいは結果を考えない無責任な人間です。

逆に、この結果を予想していたのであれば、普天間固定に繋がるであろう事を語っていたでしょうか。語らずに反対運動をしていたなら不誠実です。

潰れると判っている会社が求人するようなもの。そんな会社の社長と同じ不誠実さ。

  *        *       *

指導者にとっての「悪」とは「無能であること」です。

動機が良くても結果が悪ければ、政治指導者、社会運動の指導者としては「無能」で「悪」です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 行き詰まるとき | トップページ | 全体主義に右翼も左翼もない »

コメント

>普天間の辺野古への移転に反対している方々は、この結果を予想していたのでしょうか。
>これが彼等の望みだったのでしょうか。

普天間の辺野古への移転に反対している方々は、普天間から撤退したら困るのが本音。
辺野古住民は、今でも基地ウエルカム。
辺野古に「反対」のテントを張っているのは、辺野古の住民以外で、辺野古地区住民は海岸占用許可申請もしていない不法占拠のこのテントを撤去させて欲しいと署名まで集めて陳情しているのに、「憲法の表現の自由」を挙げて動かない名護市長。

投稿: a | 2012年4月28日 (土) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54576733

この記事へのトラックバック一覧です: こうなることは判っていたのですよね:

« 行き詰まるとき | トップページ | 全体主義に右翼も左翼もない »