« 全体主義に右翼も左翼もない | トップページ | 嫌な記憶 »

2012年4月29日 (日)

世の中は複雑なんだと思うんだけどな

世の中は複雑なんだと思うんだけどな

しんぶん赤旗:大阪 橋下市長 理不尽な選択迫る 原発の再稼働か我慢と負担増か
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-28/2012042801_03_1.html

26日の市役所での囲み取材では、再稼働をしない場合の夏の電力需給データについて「電力会社はものすごい電力不足の数字を出している。相当厳しいライフスタイルの変更をお願いする」「我慢できるか。無理だったら再稼働しかない」と住民を脅しました。その上、「産業には影響を与えないようにする」と付け加えることを忘れませんでした。

これには翌27日、報道陣から「産業を守るために個人や家庭に負担を求めるのか」との質問が。橋下氏は「個人も産業のおかげでお給料をもらっている」などと述べました。

何のことはない。住民には我慢と増税、企業には奨励金、それが嫌なら再稼働というのが橋下氏の論調です。

共産党、と言うか共産主義が生まれたヨーロッパが多民族国家で階級社会だったせいかも知れないと思いますが、共産党は「企業(産業)」と「住民」を別なものとしすぎです(あるいは宣伝戦略なのか)。

ひとりの人間が生活するために、労働者として(あるいは自営業者)働き、地域社会の中で住民として活動するというのは通常のことです。企業に負担をかければ、それは企業の提供する商品やサービスの品質や値段に影響します。労働者の賃金や待遇に影響します。

住民に負担をかければ、消費に、即ち企業の売上に影響します。

  *      *      *

「住民」と「産業」や「企業」は2項対立するものじゃありません。私は、共産党が本心からそんな単純思考をしているとは思いませんが、発している言葉からは、単純な対立の図式をイメージしてしまうのです。

そんなイメージを振りまいている限り共産党が多数派の支持を得ることは有り得ません。

  *      *      *

何の負担もなく要望が通るなんて、そんな都合のいい世の中なんてない」と言い放つ橋下氏。まるで住民の責任だといわんばかりです。

これは事実でしょう。だって自民党や民主党の政治家だって有権者の歓心が欲しい。住民の負担なしに実現できる要望なら、とっとと実現して有権者に手柄を自慢しているでしょう。逆に言うと、現時点で実現していない要望は誰かの負担なしには実現出来ないもの。利害の調整が出来ていないもの。

共産党なら「企業に負担させたら良い」と言うでしょうけど、その企業に関わっている「住民」の不利益になるという事に、有権者の側は気が付いていると思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2012/04/29 18:49: 題名の設定を忘れていたので「世の中は複雑なんだと思うんだけどな」と設定した。

|

« 全体主義に右翼も左翼もない | トップページ | 嫌な記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54582429

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中は複雑なんだと思うんだけどな:

» 爆笑・橋下徹さん [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 14時35分

« 全体主義に右翼も左翼もない | トップページ | 嫌な記憶 »