« 判断は比較なのです | トップページ | こうなることは判っていたのですよね »

2012年4月28日 (土)

行き詰まるとき

行き詰まるとき

データマックス:山本太郎氏インタビュー~「今年、廃炉が決まらないなら僕は日本を出る」(後)
http://www.data-max.co.jp/2012/04/27/post_16445_dm1739_1.html

年内までに、結論が出ないのならば、若い人たちにこの国からの脱出を促す趣旨の運動に変えます。日本は、原発から核のゴミが出て、それを処理しきれない状況に陥っています。地球全体を汚染させてしまうほどの量です。自分としても、この決断をくだすリミットは年内かな、と思っています。

仮に日本にある核のゴミが「地球全体を汚染させてしまうほどの量」だとしたら「この国からの脱出」をしたとして、意味があるんでしょうか?

少々日本から脱原発の人達が出て行ったところで、残った人々が日本で原発を動かし続ければ、脱原発の運動としては意味がないし、出て行っても安全ではない。それに日本以外の国にも原発はあります。その国の原発は安全なんでしょうか。

どこに脱出するんでしょうか。日本にいるときより幸せになれるんでしょうか。

  *        *        *

日本を離れ「地上の天国」に行った人々はどうなっただろうか。脱出するのは結構だけれど、脱出先と日本とをよくよく比べなければ不幸な結果が待っている。「地上の楽園」は極端だけれど移民はリスキーな選択肢です(実は若い頃に考えたことがあったりして。結論は「自分は豊かな日本で平和ボケした人間だからムリ(押しが弱いし)」だったりして)。

  *        *        *

社会運動をしている方々は、正義感のある良い人々であることが多い。だけれども、人間社会が数千年を費やして作った社会制度や科学技術を凌ぐ改善案を提示できる人はそんなにいない。大部分の人間は何も出来ず、少数の優れた人がほんの僅かの改善を行えるかどうか、と言ったところ。

大部分の人間は自分の能力や自分の間違いや限界とおりあう。折り合えなかった少数の人間は過激に走る。

  *        *        *

山本さんにとっては、現状と自分の理想とするところと違うのだろう。しかし、過激に走っては自分にも自分を信じてくれた人にも不幸をもたらす。私はそれが不安だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2012/04/28 07:26 訂正
 旧:日本で原発を動かし続ければ
 新:残った人々が日本で原発を動かし続ければ

|

« 判断は比較なのです | トップページ | こうなることは判っていたのですよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54575349

この記事へのトラックバック一覧です: 行き詰まるとき:

« 判断は比較なのです | トップページ | こうなることは判っていたのですよね »