« フランスも? | トップページ | 良い事なんだけど、認められるかな »

2012年4月23日 (月)

同じ数字を見ても

同じ数字を見ても

信州毎日新聞:電力データ 中電は速やかな公開を
http://www.shinmai.co.jp/news/20120423/KT120421ETI090002000.html

例えば昨冬の関西電力の場合である。最も寒い2月には最大で8・0%不足する、との予測を発表していた。実際には、期間中に電力使用量が供給力の90%以上になったのはわずか5日。最大でも93%だった。需要予測が過大だった可能性が高い。

自分は、勤務先ではインフラ系を担当している。電力も一応だが守備範囲だ。自分の知識なんて電力の専門に比べたら屁みたいなものだけれど、電力の使用量は限界の75%程度までにしている。電力の使用量は一定ではない。絶対おとしてはならないものは、それにみあった余裕をみなければならない。

もちろん、この75%というのは目安に過ぎないし、規模が違えば安定度(突発的な上昇の可能性)も違うだろうし、用途などによっても安定度は違う。けれど、電気は100%ギリギリまで使うものではなく、数%程度の余裕を見ておくものだと思っている。

もうひとつ言うと、全体でギリギリだと、全体でどっかんと行く。

と言うような感覚を持っている自分としては「期間中に電力使用量が供給力の90%以上になったのはわずか5日。最大でも93%だった」とは思えない。「大停電の危険が5回あった」と思ってしまいます。

  *        *       *

安全率を見ないで運用するのは危険すぎます。

これは電気使用量の予測や原発に限りません。人間はミスをするもの、様々な所に安全率や余裕を見ておかなければ事故になります。

  *        *       *

原発にはとんでもない安全や余裕を求め、逆に電力需要の予測にはギリギリで良いというのでは、安全を求めているのではなく原発が嫌いだという感情論に見えてしまい、私には説得力がありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« フランスも? | トップページ | 良い事なんだけど、認められるかな »

コメント

供給量自体が眉唾ですから、○%とか言ってもあまり意味がない数字かと。もともと東電他の電気会社がその日の発電量を見込みで決めて、それに見合った発電をすることで供給量とか決まってます。さらに、夜間の電気を使って水をくみ上げ、昼間に回すとすると、もっと供給量は増えます。このあたりの余裕が安全率というとらえ方もできますが、電気会社、政治家、マスコミも含めて「愚民に知恵を与えるな」的な隠蔽体質ですから、何が正しいのか、安全率をどう判断するのかなどは、別次元だと思います。

投稿: 愛読者 | 2012年4月24日 (火) 12時25分

愛読者さん、こんにちは

> このあたりの余裕が安全率というとらえ方も
> できますが、電気会社、政治家、マスコミも
> 含めて「愚民に知恵を与えるな」的な隠蔽体質
> ですから、何が正しいのか、安全率をどう判断
> するのかなどは、別次元だと思います。

まさに「信なくば立たず」ですね。だた、他にもっと信じられることを言っている方がいるかと言えば、いないように見えるんです。だから政府や電力会社の言い分を元に推測を重ねてゆくしかない、と思っています。

あと、私は、政府や電力会社やマスコミを信用はしませんが「人間の欲」は信用します。かれらの発言から電力不足への恐怖(商売ができなくなることへの恐怖)を感じているのかもしれません。

 ***

私達は、彼等と欲の連鎖(商売の連鎖)で繋がっていますから、彼等の恐怖を無視するのも、また危険であると感じています。

投稿: 乱読雑記 | 2012年4月25日 (水) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54544687

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ数字を見ても:

» コレキヨの恋文 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 22時56分

« フランスも? | トップページ | 良い事なんだけど、認められるかな »