« 君が代不起立の教師に対する研修ってどんなだろ | トップページ | 選挙公報だけでなく »

2012年4月 8日 (日)

期限あり放射性廃棄物、無期限の有害廃棄物

期限あり放射性廃棄物、無期限の有害廃棄物

中日新聞 社説:花拾うがごとく丁寧に 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012040802000114.html

熊本県水俣市の水俣湾。かつてこの海に垂れ流された高度経済成長の副産物、猛毒のメチル水銀が、最悪の公害といわれる水俣病の原因でした。



厚さ四メートルにも及んだ海底のヘドロの層は、十三年の歳月と五百億円近い費用をかけて浚渫(しゅんせつ)され、土砂で封印されました。東京ドーム約十四個分という広大なその埋め立て地は「エコパーク水俣」と名付けられ、アラカシ、タブノキ、ヤマモモなどの「実生の森」や親水護岸が整備されました。

放射性廃棄物、例えば放射性セシウムの半減期は約30年だから約300年もたてば1000分の1になる。プルトニウムにだって、長いとはいえ半減期があり、いつかは無くなる。

ところで、このエコパークに埋められた「メチル水銀」には半減期がありません。永遠に封じなければなりません。

  *        *      *

放射性廃棄物の問題を論ずる時に、○○万年も!という表現を見ることがある。でも、危険が無限に続く有害物質を埋設することが出来るなら、期限付きの有害物質である放射性廃棄物を埋設封印できない理由はなんなんでしょうか。

○○万年と言われると、そこまでやらなくちゃいけない気分になってしまって、そうでないと、無期限だともうムリだから、テキトーでいいやってことなんでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 君が代不起立の教師に対する研修ってどんなだろ | トップページ | 選挙公報だけでなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54418120

この記事へのトラックバック一覧です: 期限あり放射性廃棄物、無期限の有害廃棄物:

« 君が代不起立の教師に対する研修ってどんなだろ | トップページ | 選挙公報だけでなく »