« う~ん、危険にはならない気がする | トップページ | 家族観の問題 »

2012年5月25日 (金)

封印を解いた?

封印を解いた?

読売新聞:戦時中の徴用、個人の賠償請求有効…韓国最高裁
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120524-OYT1T01281.htm?from=main5

原告らの一部は1990年代、広島と大阪で同様の訴訟を起こしたが敗訴が確定している。韓国の2審判決は、日本の判決を準用して請求を棄却したが、最高裁は「日本の判決は、日本の植民地支配が合法であることを前提にしているが、強制連行を違法とする韓国の憲法と真っ向から対立するため、承認できない」などとした。

韓国の法は韓国の主権の及ぶ範囲でしか有効ではありません。日本にいるかぎり影響はありませんが、日本企業が韓国でビジネスが出来なくなる可能性はあります。

  *      *     *

「正しさ」といっても色々あります。科学的な正しさは変わらないもの(人間が「発見」するもの)ですが、政治的なものや社会的なもの法律で定められた「正しいこと」は、時代によって変わるし、正しいことの基準もさまざまです。

  *      *     *

今回の判決は日韓の政治的妥協を壊しかねません。最悪のケースでは戦争の発端になりかねないと思います。

日本と韓国は民主国家です。民主国家では国民の感情に政治が影響されます。今後、追従する裁判が続発する可能性がありますし、個人賠償ですから件数も多く決着まで時間も手間もかかります。賠償を請求されてホイホイはらう企業はありません。これは韓国国民をイライラさせるでしょう。反日感情を刺激する。

また、日本国民にとっては、日本の最高裁での判決と違うことにイライラするし、日本企業が金をとられるという実害もあります。日本の嫌韓感情も高まるでしょう。

賠償請求が邪魔になって日本と韓国の間のビジネスは停滞するかもしれません。

  *      *     *

この判決は、韓国の法律のロジックとしては正しいものかもしれません。しかし、引き起こされることを予想すると、正しいとは思えません。

法律や政治は、人間を幸福するのが正しい政治や法律である、と言えばですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« う~ん、危険にはならない気がする | トップページ | 家族観の問題 »

コメント

>法律や政治は、人間を幸福するのが正しい政治や法律である

あちらのメンタリティーではこの判決が幸せ回路発動させて幸福になるんじゃないですか?w

まぁこんな事やったら、カウンターとして逆やられるんですけどね。
在日韓国系の強制収容及び資産凍結後没収、国外追放まで自由裁量が与えられたのと一緒。

投稿: 伊月 | 2012年5月25日 (金) 09時30分

韓国最高裁は「高裁に差し戻す判決」しただけ。
「個人の損害賠償請求権は有効」と言う判決がでたわけではありません。

投稿: a | 2012年5月26日 (土) 17時10分

a さん、こんにちは。たくさんのコメントありがとうございます。私のミスや思い違いの指摘もありお反応できていない事をお許し下さい。

> 韓国最高裁は「高裁に差し戻す判決」しただけ。
>「個人の損害賠償請求権は有効」と言う判決がでたわけではありません。

はい、その通りなのですが、日本の裁判についての印象で、最高裁が差し戻した場合は判決が覆ることが多いです。今回の場合に当てはめると「損害賠償請求権は有効」という判決がでる可能性が高いのではないかと思います。

その道を開いたとい言う意味で、封印を解いたのではと思いそう書きました。判決が確定していない点については、おっしゃるとおりと思います。

投稿: 乱読雑記 | 2012年5月26日 (土) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54793277

この記事へのトラックバック一覧です: 封印を解いた?:

» 【大阪市】 「暴力団構成員が現業職の職員に」 市職員に入れ墨より根深い“噂”浮上 採用経緯含め調査を [話題の2ちゃんねるニュース]
1 :◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2012/05/25(金) 21:02:05.48 ID:???0 ■暴力団員が職員に…議会での発言「暴力団の構成員のまま大阪市の2号職(現業職)に入ったり、2号職の試験を通った後に構成員になって...... [続きを読む]

受信: 2012年5月26日 (土) 00時07分

« う~ん、危険にはならない気がする | トップページ | 家族観の問題 »