« 原発がなければ仕事が無くなるのは、原発の地元だけではない | トップページ | 芸人本人の生活保護が出てきそう »

2012年5月30日 (水)

保護と不正摘発の分離を

保護と不正摘発の分離を

J-CAST:「40~50万ローン払いながら生活保護」 キンコン梶原「母の受給」は問題か
http://www.j-cast.com/2012/05/29133718.html?p=all

梶原さんの母親は本当に生活保護が必要だったのだろうか、また受給を回避する手立てはなかったのだろうか。弁護士の紀藤正樹氏に話を聞いたところ、生活保護は柔軟性がなく、受給者が緊急で援助を必要としている場合は支給しなければならないので、本来は扶養義務者が面倒を見るべきでも親が至急の援助を要していれば支給されるのは責められないとした。その上で、「梶原さんの詳しい資産や収入がわからないので何とも言えないが、扶養義務を果たさず、母親に生活保護を受給させるのは芸能人としては道義的に問題があるのでは」と話した。

保護を受けられない人間を出さないようにするには、入り口での審査を簡素にするしかない。一方、不正が続けば制度が持たない(世論を感情的に刺激する)。であるならば、申請は書類審査程度で受給を開始し、同時に、受給者を捜査権限を持った別組織が捜査する。そして不正受給には経済的な罰則を与える。不正に受給した金額の何倍もの罰金を課すとか。

  *       *       *

世間には「悪い奴もいるけどドンドン捕まえているから」とアピールし、高額の罰金で抑止力とする(不正受給は経済的利益を求めてのものなので、損になるならやらないだろう)。

  *       *       *

初動は迅速に、事後のチェックは徹底的に行うべきであろう。その為に機能分離すべきはないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原発がなければ仕事が無くなるのは、原発の地元だけではない | トップページ | 芸人本人の生活保護が出てきそう »

コメント

いいアイデアですね。鉄道会社とかが使っている、3倍返しというのが妥当かも。それと、時効の問題もありますが、撤廃して遡及できるようにしないと。

投稿: 愛読者 | 2012年6月 1日 (金) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54837752

この記事へのトラックバック一覧です: 保護と不正摘発の分離を:

» キンコン梶原「不正受給の感覚は正直ないです」 「皆さんに笑顔を与えられるようがんばっていきます」 [【2chまとめ】ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/30(水) 22:25:54.70 ID:Q637mvwX0 ?PLT(12000) ポイント特典キンコン梶原緊急釈明「不正受給の感覚は正直ない」母親が生活保護を受給していたこ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 00時10分

« 原発がなければ仕事が無くなるのは、原発の地元だけではない | トップページ | 芸人本人の生活保護が出てきそう »