« 電力供給を保証せよ | トップページ | 潰す覚悟を、あるいはルールの緩和を »

2012年5月14日 (月)

「平和的安全保障」?

「平和的安全保障」?

しんぶん赤旗:日米安保条約をなくしたらどういう展望が開かれるか
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-13/2012051301_01_1.html

では、安保廃棄後の安全保障をどうするか。志位氏は“平和的安全保障”という考え方を提唱しました。これは、異なる体制、異なる文明が存在する東アジアで、軍事力に頼らず、対話と信頼醸成、紛争の平和的解決の徹底など外交によって安全保障を追求する道です。

志位氏は「理想論でなく、東南アジアに先駆的実例があります」とのべ、ASEAN(東南アジア諸国連合)が発展させてきた四つの枠組みを紹介。北東アジアにもこの平和の地域共同体を広げる条件はあるとのべ、「6カ国協議」の枠組みを発展させる外交努力を力説しました。

外交努力が不要とは言いませんけど、最後にものを言うのは武力です。

そして、志位さんがいうASEANの諸国は中国と領土問題を抱えています。下手をすると武力衝突になりかねない状況です。

フィリピンは米軍を追い出したらけっかどうなりましたっけ。

  *        *        *

日本の自衛隊はフィリピン軍よりも優秀ですから、同じ状況になるとはかぎりませんが、日本の負担が増えることは間違いないでしょう。

  *        *        *

平和は貴重です。一時期の戦争であっても死んだ人は、平和になっても生き返りません。ですから、「軍事力抜きで平和が維持できるか、試してみよう」なんてことは出来ません。

ASEAN諸国と中国がかかえる領土問題を平和的に、軍事力を背景にしない交渉で、解決できるかどうかが試金石になります(おそらく武力衝突に発展するでしょうが)。武力抜きに解決できれば、志位さんの言う「平和的安全保障」も考慮に値しますが、そうなるとは思えません。残念ながら。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 電力供給を保証せよ | トップページ | 潰す覚悟を、あるいはルールの緩和を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54706778

この記事へのトラックバック一覧です: 「平和的安全保障」?:

» 【社会】 日米安保条約をなくしたらどういう展望が開かれるか [【豆β】ニュース速報+]
1 :九段の社で待っててねφ ★:2012/05/14(月) 08:27:30.66 ID:???0全国革新懇(平和・民主・革新の日本をめざす全国の会)は12日、第32回総会を東京都新宿区の日本青年館で開きました。日本共産党の志位...... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 12時01分

« 電力供給を保証せよ | トップページ | 潰す覚悟を、あるいはルールの緩和を »