« 労組衰退の理由は | トップページ | 消費税増税するなら教育予算や子育て支援に使え »

2012年5月 2日 (水)

普遍的価値・普遍的現実

普遍的価値・普遍的現実

朝日新聞 社説:中国の人権―「法治」を掲げるのなら
中国の人権―「法治」を掲げるのなら

中国の「盲目の人権活動家」陳光誠(チェン・コワンチョン)氏(40)が、軟禁されていた山東省の自宅から北京に逃れ、米政府に保護された。

クリントン米国務長官らが出る米中戦略・経済対話が3日から始まるのを控え、米中間で話し合いをしているようだ。中国は陳氏に自由を認めるべきだ。



陳氏は、アジアのノーベル平和賞と呼ばれるマグサイサイ賞を受賞するなど、国際的に注目されていた。それでも暴力は続き、逃げるしかなかった。

日本を含めた国際社会は、普遍的価値である人権を大切にするよう、中国への働きかけをさらに強めるべきだ。

人権は「普遍的価値」かも知れないけれど、暴力は普遍的支配原理で横暴な支配者も普遍的現実だ。外部から少々働きかけたくらいでは政府は変化しないといいうのも普遍的経験だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 労組衰退の理由は | トップページ | 消費税増税するなら教育予算や子育て支援に使え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54610110

この記事へのトラックバック一覧です: 普遍的価値・普遍的現実:

« 労組衰退の理由は | トップページ | 消費税増税するなら教育予算や子育て支援に使え »