« 潰す覚悟を、あるいはルールの緩和を | トップページ | 怯えるべき言葉(危険予知) »

2012年5月15日 (火)

納得出来ない

納得出来ない

読売新聞:危険運転致死傷不適用「納得できない」亀岡遺族
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120514-OYO1T00592.htm?from=main2

京都府亀岡市で登校中の小学生ら10人がはねられて死傷した事故で、京都地検による被害者家族らへの捜査状況などの説明会が14日、同地検で開かれた。地検は、事故を起こした亀岡市の少年(18)について、「(勾留期限の14日に)自動車運転過失致死傷(最高刑・懲役7年)などの非行事実で家裁送致する」とし、罰則の重い危険運転致死傷(同・懲役20年)の適用を見送った経緯などを説明。遺族らからは「納得できない」と不満の声が上がった。

被害者による復讐をさせないことも刑罰の目的のひとつだ。国家は暴力の(事実上の)独占なしには維持出来ない。

  *        *       *

厳罰は必ずしも犯罪を抑止しないし(交通事故の罰則強化は轢き逃げの増加をもたらす)、少年法の存在意義も認める。個人の(遺族の)納得出来ないという感情と、その実行(仇討ち・復讐の実行)の間に距離があることも判る。

しかし、私は遺族の「納得出来ない」という感情に共感する。

納得出来ない感はルールの権威を損なう。

少年法と刑法の改正が必要なのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 潰す覚悟を、あるいはルールの緩和を | トップページ | 怯えるべき言葉(危険予知) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54714438

この記事へのトラックバック一覧です: 納得出来ない:

« 潰す覚悟を、あるいはルールの緩和を | トップページ | 怯えるべき言葉(危険予知) »