« 地獄の向こうはどんな国 | トップページ | 5年~10年耐えられるか »

2012年5月18日 (金)

目先の事に食い潰す

目先の事に食い潰す

FNN:一体改革 野田首相、「年金医療税」の略称案に否定的な見解
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223495.html

17日から本格論戦がスタートした、消費税増税を柱とする、社会保障と税の一体改革の審議。
17日の質疑は、与党議員との間で行われ、その1人、民主党の樽床幹事長代行から、消費税の略称をはっきりと使い道を示す「年金医療税」にするべきだという提案があった。
樽床幹事長代行は「ぶっちぎりで財源が多いのは、年金と医療です。であるならば、消費税を略称は、年金医療税と。こういうことの方が、理解いただけると思います」と述べた。

「年金医療税」にはならないようですが、こういった提案が出てくることは、消費税を(増税分を)「年金」と「医療」に使うし、そういうことで世間が認める(かもしれない)と思っているってことだ。

  *        *        *

私はこの名称にがっくりきた。

  *        *        *

年金も医療も大切だけれど、子育てや教育にこそお金を使うべきなんじゃないか。少子化、子供が少なくて困っているなら子供にこそお金を使うべきなんじゃないか。いまの若者が将来年金をもらえなくて不公平だなんていうまえに、いま教育を(経済的な心配なしに)受けられることの方が大事なんじゃないか。

年金なんて夢を見られない(個々人は別だけど社会全体としては)。

夢を見られること、将来への投資へになることに使う税金を増やしてほしい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 地獄の向こうはどんな国 | トップページ | 5年~10年耐えられるか »

コメント

政治家は票が必要です。選挙によく行くのは年寄りです。だから年金医療は大切です。というロジックでは。
本当はもう死にかけている人に、必要以上の医療費を投入して救っても明るい未来なんてないことは分かっていますが、人道的に(本人が望む場合を除けば)無治療なんて選択肢はありませんし、もうあとは死ぬだけだから年金はあげませんなんてことも言えないのでしょう。
社会のために、子供に投資した方がいいのは事実ですけど。

投稿: 愛読者 | 2012年5月18日 (金) 12時52分

愛読者さん、こんにちは

愛読者さんがおっしゃったこと(年寄りは選挙に行く&政治家は票を欲しがる、それでこういう事が起きている)に同意します。

だからこそ、がっくりなんです。

年寄り共が自分の金のことを子供や孫の教育より優先してどうなるんでしょうか。

年寄りが投票するときは、年寄りで経験豊富なんだから、みんなの為になることを考えて投票して欲しいのに、自分のことを優先するなんて、がっくりです。

投稿: 乱読雑記 | 2012年5月19日 (土) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54737004

この記事へのトラックバック一覧です: 目先の事に食い潰す:

« 地獄の向こうはどんな国 | トップページ | 5年~10年耐えられるか »