« 貧困問題解決の限界を思う | トップページ | 生活保護制度の限界 »

2012年5月20日 (日)

子供の医療費は無料であるべき

子供の医療費は無料であるべき

時事通信:医療費無料化見直すべき=財務副大臣
http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012051900393

五十嵐文彦財務副大臣は19日、BSフジの番組に出演し、「生活保護や(子供の)医療費無料化は考え直すべき時期にきている」と述べ、財政再建に向けて消費増税と併せて、社会保障に切り込む必要があるとの認識を示した。

子供の医療費は無料であるべきと思う。医療費全般の見直しや生活保護の見直しには反対しないが、子供の医療費はいまよりも手厚くするべきだと思う。

  *        *       *

短い記事なので省略した部分もあるのだろうが、子供の医療費は無料化されていない。地方自治体によっては無料なところもあるだろうが、日本全体としては有料だ。

  *        *       *

子供の医療費無料を見直すというのは、カッコ内のことなので、五十嵐文彦財務副大臣の真意なのか、記者の思い込みなのかは判らない。だから五十嵐文彦財務副大臣を批判はしない。しかし、子供の医療費を無料化するべき、子供を応援しないで誰を応援すべきかということは言っておきたい。

  *        *       *

国家の予算で削ってはならないのは、国防と教育(子供への支援)であって、それ以外のこと(特に福祉は)、それこそ景気が良いときはあるけど景気が悪いときは我慢して、で良いのではないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 貧困問題解決の限界を思う | トップページ | 生活保護制度の限界 »

コメント

本当に無料であるべきかどうか、再考の余地があるのでは。子育てを応援することには反対しませんが。
ただの風邪をひいてもタダ、薬をいっぱいもらってもタダである必要があるでしょうか。医療費には上限がありますし、子供も1割負担とかでもいいのでは。何でもタダにすると、ムダに使う人がいると思いますけど。

投稿: 愛読者 | 2012年5月22日 (火) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54757638

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の医療費は無料であるべき:

« 貧困問題解決の限界を思う | トップページ | 生活保護制度の限界 »