« アンビバレント | トップページ | 電気が足りると説得出来なかったのです »

2012年6月16日 (土)

人の命で考えよう

人の命で考えよう

西日本新聞:原発再稼働 これが法治国家なのか
http://www.shinmai.co.jp/news/20120615/KT120614ETI090003000.html

昨年の原発事故は、チェルノブイリと同じ最悪の「レベル7」だった。人類史に記録されるべき大事故は、日本社会を根底から揺さぶりつづけている。

放射能に過大なイメージを持っているとしか思えない。それとも「人類史に記録されるべき大事故」を起こしても原子炉は死者を1人も出さないほど安全だと言いたいのか?

  *        *       *

1984年に起きたインドのボパール化学工場事故では、数千人が犠牲にっている(「夜明けまでに2000人以上が死亡、15万から30万人が被害を受けた」:ウィキペディア:ボパール化学工場事故)。

犠牲になった人命の数で判断するなら、福島原発の事故など比較対象になりもしない規模だ。

  *        *       *

福島原発の事故で最大の問題は風評被害と帰還困難区域だ。小さい問題だとは言わない。

  *        *       *

原発事故を小さな問題だとは言わない。しかし、あまりに大袈裟な言葉で訴えられると、現実感が無くなってしまう。

放射能を特別視しすぎだ。特別視しすぎるとかえって被害を大きくしてしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« アンビバレント | トップページ | 電気が足りると説得出来なかったのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54976378

この記事へのトラックバック一覧です: 人の命で考えよう:

« アンビバレント | トップページ | 電気が足りると説得出来なかったのです »