« 別解 | トップページ | 限界を知っておこう »

2012年6月 3日 (日)

差別的言辞だけれど

差別的言辞だけれど

JBpress:既得権に縛られ影響力を失った“レガシーメディア”
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35072?page=2

瀬尾 普通の人はその数字の世界に取り込まれてしまって、納得してしまうんですよね。



結果的にその後、財政と金融の分離が現実化するわけです。絶対不可能だと思われていた大蔵省と金融庁が分かれた。実は「日経ビジネス」の頃にも、そういう原稿を書いていたんですが、ビジネス誌の記事では世の中は動かないんですよ。

川嶋 結局はキレイごとだから。

瀬尾 そうなんです。世の中が動くのは、フライデーを読んでいるような普通の読者がおかしいと思った時なんです。

川嶋 それは大事な点ですね。あまりキレイごとばかりだと、確かに言っていることはカッコイイけれども、人は動かせない。

「フライデーを読んでいるような普通の読者」という言い方はやや馬鹿にしたというか差別的というか政治的に正しくない言い方だとは思うけれど、事実であるように思う。世の中を動かすには、専門家でない人々を説得して動いてもらわないといけない。

  *        *      *

但し、正しい方向へ動くとは限らない。というか、伝え手の目的や勘違いやシガラミしだいで、とんでもない方向に暴走することもある。

それが問題なんだよねぇ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 別解 | トップページ | 限界を知っておこう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54863649

この記事へのトラックバック一覧です: 差別的言辞だけれど:

« 別解 | トップページ | 限界を知っておこう »