« 簡単じゃない | トップページ | 「ブラック市民運動団体」はあるか? »

2012年6月12日 (火)

危ないと言っても

危ないと言っても

しんぶん赤旗:葛飾・水元公園で25万ベクレル 党都議団の土壌・放射能調査
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-06-12/2012061214_01_1.html

25万1000ベクレルを検出した地点と水元公園第2駐車場内の植え込み内の11万2000ベクレルを検出した地点は、子どもたちが出入りできる場所です。11万ベクレルを超えた地点は文科省のガイドライン(地上1メートルで毎時1マイクロシーベルト以上)を超える毎時1・10マイクロシーベルトでした。

記者会見で、かち佳代子都議は、毎時1マイクロシーベルトを超えた地点があったにもかかわらず、放置していると批判。「都は早急に測定・調査すべきだ」と強調しました。

毎時1・10マイクロシーベルトと言うことは年換算(1.1*24*365)で9.6ミリシーベルト。公園に毎日行くとして、毎日その危ない場所に2時間いても1ミリシーベルトに達しない。

同じ植え込みに毎日2時間入っているなんてやる?ふつう?

あり得ないような条件でも全然被曝しない。

  *        *      *

よっぽど心配なら一ヶ所の公園に行かず、時々場所を変えたら良い。たまたま汚染された場所に行ってしまっても(滞在時間の累積が長くならないので)被曝量の累積が大きくなることはないから。

  *        *      *

調査や対策はするべきだけれど、反原発の共産党が見つけてきた危ない場所でもこの程度なんですね。それは大事なポイントです。

危険と言ってもこの程度、安心して首都圏に住めると言うものです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 簡単じゃない | トップページ | 「ブラック市民運動団体」はあるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54944880

この記事へのトラックバック一覧です: 危ないと言っても:

« 簡単じゃない | トップページ | 「ブラック市民運動団体」はあるか? »