« 覚悟あるとは見えません | トップページ | 本当の危機は »

2012年6月 1日 (金)

抗議のポイントは

抗議のポイントは

毎日新聞:スーダン軍:クラスター使用か 国際人権団体、調査を要求
http://mainichi.jp/select/news/20120602k0000m030056000c.html

スーダン南部で反政府武装組織の掃討作戦を続けるスーダン軍が、不発弾によって市民の殺傷被害が多発しているクラスター爆弾を使用した疑いが浮上した。スーダン政府はクラスター爆弾の使用を否定しているが、国際人権団体などは調査を要求。使用が確認されれば、スーダンに対し国際的な非難が高まりそうだ。

評判の悪いクラスター爆弾ですが、スーダン軍は何に(誰に)対して使ったのでしょうか。

CNN:スーダン軍が自国民にクラスター爆弾を使用か
http://www.cnn.co.jp/world/30006806.html

スーダンの南コルドファン州で、民間人が暮らす村にクラスター爆弾が使用されたことを示すビデオをCNNが入手した。

映っているのはスーダン南部のアンゴロ村。地面の大きな穴の中に、旧ソ連製のRBK-500というクラスター爆弾が不発のまま残っている。村人によれば1カ月ほど前に投下されたという。

CNNによると「自国民」の「民間人」に対して使用されたようです。

  *        *        *

最初に引用した毎日新聞の記事を読むと人権団体は「クラスター爆弾を使用した」ことを非難しているように読めます。また、国際的な非難もクラスター爆弾を使用した事に対してのように読めます。

これは、非難すべきことの本質でしょうか?

私には、自国民を、それも民間人を軍が攻撃したことの方が、どんな武器を使ったかということよりも、非難すべきことではないかと思えます。クラスター爆弾で殺されようが(爆撃後に残った不発弾で殺されようが)普通の爆弾で殺されようが、殺されることに違いはありませんから。

  *        *        *

クラスター爆弾の使用に抗議することに反対はしませんが、本質的な問題は自国民のそれも民間人に軍隊が攻撃を加えたことであると思います。そこを無視していては(無視しているように見られてしまったら)人権団体も国際社会も信用をなくすと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 覚悟あるとは見えません | トップページ | 本当の危機は »

コメント

我が国の中にも地雷を悪魔の兵器と称するおめでたいやからがいます。その根拠は兵士よりも子供の手足を吹き飛ばすからだと言う点にあるのですが、相手が兵士でないのにもかかわらず殺すと言う事はいにしえからあることです。
それを思えば兵士が操作する小銃も、踏めば誰でも死傷する地雷も似たような物でしょう。
その過程で、自国で内戦がなければ、地雷の輸出を行うでもない我が国が地雷廃止に加担すると言う馬鹿けた話になりました。
そう考えると、これらの団体って、結局の所我が国の防衛力をそぐためにクラスター爆弾に対して抗議を行っていると言う事じゃないのですか。

投稿: DUCE | 2012年6月 2日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54852525

この記事へのトラックバック一覧です: 抗議のポイントは:

» 洗脳された清水宏保さん(その2) [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 03時31分

« 覚悟あるとは見えません | トップページ | 本当の危機は »