« 最後、は違うんです | トップページ | 本質的問題 »

2012年6月 5日 (火)

単純思考と無責任

単純思考と無責任

47NEWS:【再稼働容認の橋下市長】「原発の安全性と停電で生じるリスクを、てんびんにかけた」
http://www.47news.jp/47topics/e/229965.php

橋下徹大阪市長は4日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を事実上容認した自身の判断について「原発の安全性と停電で生じるリスクを、てんびんにかけた。批判は真摯(しんし)に受け止める」と説明した。

再稼働容認への批判が相次いでいることに関しては「無責任な意見が多すぎる。安全第一は分かりきっているが、関西に住んでいないコメンテーターは原発の安全だけしか考えていない」と反論した。
市役所で記者団の質問に答えた。

橋下さんには、あんたが引っ掻き回したんだろとツッコミが多方面から入りそうですが、一応、橋下さんの意見変更を歓迎しています。おかげさまで、私は、関西支社が計画停電で止まる前提で考える必要がなくなりましたから(突発的なものへの備えは必要ですが)。

  *        *        *

「関西に住んでいないコメンテーターは原発の安全だけしか考えていない」

実際、ひとつの事だけ考えた単純思考の方がテレビ受けするし簡単だと思う。事故の事だけ考えれば誰だって原発は止めた方が良いと思うだろう。私だってそうだ。

しかし、日々の生活や仕事を電気に頼っている以上、電気が足りなくなって仕事や生活に支障が出たらどうするか。それを考えていない脱原発は無責任でしかない。

  *        *        *

テレビに出てくるコメンテータの方々に(全員とは言わないが)特徴的だと思うけれど、ある一つの視点でしか考えていないのは単純で判り易くて正義を振り回せるかもしれない。けれど、それでは世の中は回らない。例えば原発事故の可能性を言って停電の可能性や燃料費の高騰による経済損失(≒失業の増大)を考えない。沖縄の米軍基地のオプスレイの問題を言うけれど現行機種の事故率と比較はしない。それでは、無関係な視聴者を感覚的に説得すること出来ても、現実に直面している利害関係者を説得することは出来ない。

  *        *        *

橋下さんのところには産業界から相当なプレッシャーがあったと聞く。古賀さんや飯田さんをブレーンにしたことがそもそも失敗であったのだと思うけれども、現実の経営者達の意見を聞き入れたとすれば、少しはマシであると私は評価する。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 最後、は違うんです | トップページ | 本質的問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54885583

この記事へのトラックバック一覧です: 単純思考と無責任:

« 最後、は違うんです | トップページ | 本質的問題 »