« 風評被害の方が酷いくらいなんですけど | トップページ | 貧困よりも行動形式(≒価値観・性格・内面のありよう)では? »

2012年6月14日 (木)

30人死亡 vs 520人死亡

30人死亡 vs 520人死亡

朝日新聞 社説:オスプレイ配備―沖縄への無理解改めよ
http://www.asahi.com/paper/editorial20120614.html#Edit2

老朽化した輸送ヘリCH46よりはるかに性能が高く、海兵隊など駐留米軍の運用上も不可欠と米軍は説明する。

だが、オスプレイは開発段階でも重大な墜落事故を何度も繰り返し、30人以上の兵士らが犠牲になっている。

ジャンボジェット(B747)は、死者が30人どころではない事故を何度も起こしている。有名なところでは1985年の日本航空123便の御巣鷹山の事故だ。この時には520人の方が亡くなられている。

  *        *      *

30人の死者を小さいとも軽いとも言うつもりはないけれども、30人の死者をもって危険と言うのであれば、普通の旅客機はとんでもなく危険ということになってしまう。

単純な(単独の)数字だけで判断していては間違うことが多いのではないか(書き手に騙されてしまうのではないか)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 風評被害の方が酷いくらいなんですけど | トップページ | 貧困よりも行動形式(≒価値観・性格・内面のありよう)では? »

コメント

>単純な(単独の)数字だけで判断していては間違う

「30人死亡 vs 520人死亡」は数字のまやかしだと言われないないために、一言。

「輸送実績1億人キロあたりの死亡乗客数」か「10万飛行時間あたりの死亡事故件数」で、比べないと。
オスプレイに対して、ジャンボ機は1機あたりの搭乗者数が多いので、1機墜落すれば死者は多数になるのは当たり前。
しかし、世界中で一日に何百機も飛んでいますから、その飛行距離や飛行時間を足し算すると、その数値に対しての事故率はうんと低くなります。

ところで、オスプレイの事故率はいくらでしょうね。
オスプレイは戦闘地帯を飛ぶことが多いので単独事故だけでなく、攻撃による墜落があると思います。
その事故まで事故率に入れて計算したら反対派の数字のまやかし。

要は、同じ条件での数値の比較でないと、意味がないということ。
体重100kgの人と身長200cmの人とどちらが大きい?と聞いても、比較のしようがない。

投稿: a | 2012年6月14日 (木) 08時51分

優秀なへりを導入されると支那様に悪いのでしょうね
朝日 毎日 左翼思想の方達 まぁ一杯反対報道頑張って下さい ネット住民は欺されないでしょうね

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年6月14日 (木) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/54956682

この記事へのトラックバック一覧です: 30人死亡 vs 520人死亡:

« 風評被害の方が酷いくらいなんですけど | トップページ | 貧困よりも行動形式(≒価値観・性格・内面のありよう)では? »