« 生活保護・最低賃金 | トップページ | 決め付ける、いじめる »

2012年7月29日 (日)

山口県知事選挙

山口県知事選挙

WSJ:政治的影響力試される日本の反原発運動
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_485196

この数週間続いてきた数万人規模の定期的な反原発デモは最近の日本では見られなかった光景で、国民の間で新たなレベルの政治活動が広まっていることを示している。だが反原発デモの声は高まり、規模も拡大しているが、まだ政治の主流派からの賛同は得られていない。山口県の知事選挙は、それが変化するかどうかを示すリトマス試験になるとみられている。

政治は総合的なものです、シングルイシューではありません。反原発が有権者に支持されたとしても、それ以外のもので拒否されたら選挙には勝てません。つまり、あらゆるもにに「説得的な代案」を要求されるのです。

代案を要求されるし、反原発のシングルイシューではダメなのです。

いままで、反原発の候補が失敗してきたのは、たとえ反原発が有権者に受け入れられたとしても、それ以外のこと、利害関係者との調整能力・反原発以外の政策の実現可能性などで拒否されてきたと言うことでしょう。

  *        *        *

逆に言えば、様々な現実の問題に取り組んで実績を上げてきた人々は、原発に慎重にはなっても急進的な反原発にはならない、と言うことなのかもしれません。

  *        *        *

今日は山口県知事選挙の投票日です。どんな結果になるでしょうか(私は飯田さんは負けると思っていますが)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 生活保護・最低賃金 | トップページ | 決め付ける、いじめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55303952

この記事へのトラックバック一覧です: 山口県知事選挙:

« 生活保護・最低賃金 | トップページ | 決め付ける、いじめる »