« 政治に夢を見ている子供達 | トップページ | 韓国にとって「性奴隷」という言葉は »

2012年7月11日 (水)

オスプレイの虚像と現実

オスプレイの虚像と現実

琉球新報:墜落事故隠し オスプレイは飛ぶ資格なし
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-193722-storytopic-11.html

この飛行機に果たして空を飛ぶ資格があるのだろうか。米軍普天間飛行場に配備予定の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイのことだ。2006年3月に米ノースカロライナ州で乗員が飛行準備中に突然離陸を始め、約9メートルの高さまで上昇後、地面に落下して機体の一部が損壊する事故が起きていた。

修理費は約706万8千ドルかかっており、損害200万ドル以上のクラスAに該当し、本来なら公表されるべき事故だ。しかし海兵隊は「機体は離陸するはずではなかった」との理由で公表から除外していた。「事故隠し」以外の何物でもない。

オプスレイを危険だ危険だと日本のマスコミは騒いでいますが、現実世界ではどうなっているんでしょうか。

産経新聞:オスプレイ、米大統領スタッフらの移動に活用へ ホワイトハウス上空で運用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120710/amr12071021460007-n1.htm

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備が予定されている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが2013年夏から、大統領に随行するスタッフや報道陣の国内移動に使われることが分かった。米軍関係者が9日、明らかにした。最大限の安全確保が要求されるワシントン上空での運用に関し、米軍が太鼓判を押した形だ。

現実世界ではブンブン飛んでいます、ニューヨークやワシントンの上空を、アメリカの人々を乗せて。

「飛ぶ資格があるのだろうか」と力んだ所で、実際にアメリカ人を乗せて飛んでますし、来年の夏にはアメリカ大統領のスタッフを乗せてホワイトハウス付近を飛ぶようになります。

さて、このニュース、産経などの保守系のマスコミは報道するでしょうが、朝日新聞や琉球新報などのサヨク系のマスコミは報道できるでしょうか。それとも「政治的に正しくない」から報道出来ないでしょうか。興味津々です。

  *        *        *

日本のマスコミでの評価とアメリカ軍の実際の運用(アメリカ大統領のスタッフを乗せてホワイトハウス近辺を飛ぶ)と、どちらがオプスレイの安全性について説得的でしょうか。

(開発段階ではなく)現在のオプスレイは(海兵隊仕様のMV22は)必要な安全性を持っていると私は思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政治に夢を見ている子供達 | トップページ | 韓国にとって「性奴隷」という言葉は »

コメント

マスコミの真価が問われるオスプレイ報道ですね
ネットの報道を知らない人たちにも知ってもらいたい事案ですね

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年7月12日 (木) 12時39分

勉強になりました。
なるほど、VIPの乗る「未亡人製造機」ですか。
それは危険ですなww

投稿: ohsui | 2012年7月13日 (金) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55174046

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの虚像と現実:

« 政治に夢を見ている子供達 | トップページ | 韓国にとって「性奴隷」という言葉は »