« 同じ嘘に2度騙されてはいけない | トップページ | 情報化の果てに「ヨイショ」が求められるようになる »

2012年7月 6日 (金)

あんたにも責任あるだろ

あんたにも責任あるだろ

朝日新聞 社説:日本と韓国―不幸なすれ違いを憂う
http://www.asahi.com/paper/editorial20120706.html#Edit2

日本と韓国。この隣国間で、また不幸なすれ違いが起きた。

両政府の間で締結が合意されていた軍事情報の秘密保護協定(GSOMIA)が先週、署名式の段取りまで決まっていたのに、その1時間前になって韓国側の求めで延期された。

韓国の与野党の反発が原因で、政府高官の辞任騒ぎにまで発展している。

協定は、自衛隊と韓国軍との間で軍事情報を共有するため、互いに提供された情報を保護するための枠組みだ。

日韓間の初めての本格的な防衛協力であり、玄葉外相が言うように「歴史的な出来事」となるはずだった。

それだけに、土壇場での延期は残念だ。



これから年末に向け、韓国では大統領選がある。日本でも総選挙がちらついてきた。政治家にしてみれば、世論が気になる季節だ。

どこの国でも、ナショナリズムがからむ問題に世論は敏感だ。ちょっとした政治家の言動が、ネットによって何倍にも増幅される。

こんな時だからこそ、政治には冷静さを保ってほしい。

ナショナリズムは、プライドのように攻撃されると燃え上がる。朝日新聞は所謂「従軍慰安婦」問題で、いわれの無い攻撃材料を韓国に与えた。

「こんな時だからこそ、政治には冷静さを保ってほしい」

日本も韓国も民主国家だ。国民の意志や感情が政治に大きく影響する。マスコミが日本に対していわれの無い攻撃をしていれば、日本の国民の感情は傷つく、韓国は日本に対して攻撃的になる(攻撃する正当な理由があると信じるようになる。だって「日本の」
マスコミが言っているんだもの)。

日本と韓国の関係が悪い、というか韓国が感情的になる理由(のひとつ以上)を提供したという自覚を、朝日新聞にはもってもらいたい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 同じ嘘に2度騙されてはいけない | トップページ | 情報化の果てに「ヨイショ」が求められるようになる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55131172

この記事へのトラックバック一覧です: あんたにも責任あるだろ:

« 同じ嘘に2度騙されてはいけない | トップページ | 情報化の果てに「ヨイショ」が求められるようになる »