« オスプレイの虚像と現実 | トップページ | ブラック陶片追放 »

2012年7月12日 (木)

韓国にとって「性奴隷」という言葉は

韓国にとって「性奴隷」という言葉は

中央日報:【コラム】多文化社会の敵…韓国の放送番組の扇情性(1)
http://japanese.joins.com/article/385/155385.html?servcode=100&sectcode=120

「衝撃の実態報告、外国人との異性交際」というMBC(文化放送)番組を見ただろうか。この番組は韓国人女性をエイズに感染した浮気者外国人男性の性的奴隷として表現した。 韓国国内の多数の外国人がこの5分間の映像を見たはずだ。

この番組を初めて見た時、あまりにも扇情的であるうえ粗雑に作られているため、私はある外国人が風刺のために制作したパロディー映像だと錯覚した。 韓国の最大地上波放送の一つ、MBCの映像と知った時、大きなショックを受けた。 頭の中が混乱した。

いわゆる「従軍慰安婦」を「性奴隷」と表現することがあります。私の感覚では「性奴隷」という言葉のイメージは汚なく重いのですが、韓国では「性奴隷」という言葉はどれほど重いのでしょうか。

マスコミが、ちょっと扇情的な表現をしたいときに使うような言葉なのでしょうか。売春婦や好ましくない性的関係を持つ人間を言うのでしょうか。

  *        *        *

「性奴隷」という言葉でカルチャーギャップ(韓国では軽い悪口言葉だけれど、日本は凄く重く受け取っている、とか)が起きているのかもしれません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« オスプレイの虚像と現実 | トップページ | ブラック陶片追放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55176623

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国にとって「性奴隷」という言葉は:

« オスプレイの虚像と現実 | トップページ | ブラック陶片追放 »