« このデモは怖くない | トップページ | 会場で騒ぐバカ »

2012年7月15日 (日)

原発は危険だとういう宗教

原発は危険だとういう宗教

京都民報:宗教者は原発の廃止を求めます 記者会見で声明発表
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2012/07/15/post_8896.php

河野氏は、「福島事故で原子力発電はまことに危険なものであることをはっきりと認識した。原発問題で日本の全宗教者が一致して運動に取り組もうというのは初めてではないか」と語りました。宮城氏は「核廃棄物の地層処分は未来の地球に大変な罪を犯すことになる。多くの被害の上にふんだんに電気を使ってきたことを反省する必要がある」と強調。福島県の早川篤雄・浄土宗宝鏡住職は「3・11以前の状態に戻る復興はありえない、地域社会が消滅した。声明がだされたことに被災者として光明が見える様です」となどと話しました。

むしろ私は、福島原発事故で、原発に対してのイメージが危険から安全に変わったぐらいなんですが。

  *        *        *

私は技術系の仕事をしています。人間の技術には限界があり、どんなに頑張っても事故や故障をゼロには出来ないという事を日々思い知らされています。まともな技術者なら原発の「安全神話」に政治的な臭い(あるいは世間に対しての宣伝臭)を感じていたと思います。私もそう。ですから、いつか事故は起きるだろう、いや、運がよければ原発の次の技術が開発されて大規模な事故が起きる前に廃止できるかもしれないが、程度には思っていました。

そして、福島の原発事故が起きた。

  *        *        *

大規模な原発事故が起きたら、数万~数十万単位で人間が死ぬ、そして住めない広大な土地が生まれる、そんなイメージを持っていました。しかし、福島では4基の原発が事故を起しながら、死者は出ていませんし、帰宅困難区域だって安全率を大きく取っているから広い面積になっているだけで、本当に人間の健康に影響のでるような場所が(原発の敷地の外に)あるとは思えないくらいです。

  *        *        *

「福島事故で原子力発電はまことに危険なものであることをはっきりと認識した」

いいえ、大規模な事故が起きても「現在まで死者はゼロ、今後の健康被害も極小であるだろう」ことから目をそらしてはなりません。

危険だ危険だと言っても、死傷者が出ていないという現実があります。原発の「危険神話」はもう止めましょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« このデモは怖くない | トップページ | 会場で騒ぐバカ »

コメント

最近のイデオロギー化した脱原発、反原発運動には学生運動と同じきな臭さを感じますねw
彼らの運動が電力不足を招き逆に原発の必要性を再認識させる、そんな結果になる様な気がしてなりません・・

投稿: ムラ吉 | 2012年7月16日 (月) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55203794

この記事へのトラックバック一覧です: 原発は危険だとういう宗教:

« このデモは怖くない | トップページ | 会場で騒ぐバカ »