« 情報化の果てに「ヨイショ」が求められるようになる | トップページ | 国有化の方がタテマエとしては良いけれど »

2012年7月 7日 (土)

領土問題で国旗を忘れるバカがいるか

領土問題で国旗を忘れるバカがいるか

読売新聞:尖閣領海で中国の国旗掲げた台湾活動家…なぜ?
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120706-OYT1T01055.htm

尖閣諸島沖の日本領海に4日、同諸島の領有権を主張する台湾人活動家が遊漁船で侵入した問題で、活動家が中国の国旗を船上で掲げてから海に投げ込むパフォーマンスを行っていたことが分かり、波紋を広げている。



同連盟は「台湾の旗を持参し忘れた」などと釈明。巡防署も、「活動家が中国旗を持っていたことは知らなかった」としている。

領土問題での抗議に自国の国旗を忘れるバカがいるとは思えんのですが。五星紅旗を持参し青天白日滿地紅旗(中華民国の国旗)を持っていなかったのは意図的だとしか思えません。

  *        *        *

これだけ切り取れば中国共産党のポイントですが、台湾人にどう思われたか考えると、長期的には中国共産党にとってはマイナスでしょうね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 情報化の果てに「ヨイショ」が求められるようになる | トップページ | 国有化の方がタテマエとしては良いけれど »

コメント

台湾人活動家が遊漁船で侵入したときいたときから、中国が台湾の衣をまとってやったなっと。
その根拠は、台湾は、領有主張ではなく漁業権の主張のはず。
だから、始めからおかしいなぁっと思っていました。
五星紅旗を振り回していたとは。
自ら馬脚を現しましたね。

投稿: a | 2012年7月 7日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55138518

この記事へのトラックバック一覧です: 領土問題で国旗を忘れるバカがいるか:

« 情報化の果てに「ヨイショ」が求められるようになる | トップページ | 国有化の方がタテマエとしては良いけれど »