« 言葉の貧困 | トップページ | 選択肢は当時と変わらない »

2012年7月31日 (火)

お化けを怖がって階段から落ちたら

お化けを怖がって階段から落ちたら

WSJ:野田首相「会うのやぶさかでない」=デモ参加者との面会―菅前首相明かす
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_486573

一方、政府の「脱原発依存」方針に反発している経団連の米倉弘昌会長について、菅前首相は「『3・11』があなたの頭の中にかけらでも残っているのかと聞きたい」と述べた。集会後、記者団に語った。 

お化けを怖がって、闇雲に逃げようとして階段から落ちて死んだら、お化けに殺された事になるだろうか。

  *        *        *

福島原発事故による死者は風評被害による自殺や避難のストレスによるものばかりです。あるいは放射能を怖がって救助や援助が遅れたりしたものとか。

でも結局の所、放射能では誰も死んでいないし(原発での事故収束にあたる方々を除いて)今後も死者は出ないでしょう。おそらく健康被害も同様です。

  *        *        *

「『3・11』があなたの頭の中にかけらでも残っているのかと聞きたい」

放射能による死者は出ていません。

3.11の教訓は放射能よりもデマと恐怖が人を殺すということです。3.11とその後に起きたことが頭に残っているなら、脱原発で不況になって(失業・貧困などによる)死者の増加こそを恐れるべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 言葉の貧困 | トップページ | 選択肢は当時と変わらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55324090

この記事へのトラックバック一覧です: お化けを怖がって階段から落ちたら:

« 言葉の貧困 | トップページ | 選択肢は当時と変わらない »