« 慣れでしょうか、政治的インパクトの差でしょうか | トップページ | 判っているのに »

2012年7月24日 (火)

オスプレイ問題と原発問題は似ている

オスプレイ問題と原発問題は似ている

ガジェット通信:オスプレイ配備と大飯原発再稼働の笑えない共通点
http://getnews.jp/archives/229446

このオスプレイの問題は、大飯原発の再稼働の問題と似ている。原発の場合、事故の調査が終わっておらず、安全性の確保が疑問視されながらも、政府の判断で強引に再稼働されることになった。大飯原発の再稼働のように、オスプレイもなし崩しで配備されてしまうのかもしれない。こんな体たらくの民主党政権に、その「終わり」が近づいていると感じているのは、筆者だけであろうか。

私もオスプレイと原発再稼働の問題は似ていると思う。しかし、それは「安全性の確保が疑問視されながら」とか「政府の判断で強引に再稼働される」ことだけではない。

反対派やマスコミがきちんと事実を確認することのないまま反対し、また、反対が成就したときの結末も判らないまま反対していることだ。

  *        *        *

福島の原発事故では(放射能では)死者ゼロである。今後も死者や健康被害は出ないだろう。

オスプレイの事故率も高くない。

そういった事実が無視されたまま、なんとなく原発怖いというイメージで反対されている。オスプレイも、いままでのヘリコプターと違った形で目立つので怖いと思われているのではないか。

  *        *        *

安全性の検証が難しいという事実も無視されている。だいたい日本にはオスプレイのような航空機をつくる技術は無い。そもそも日本にはオスプレイをチェックする技術力はなく、実際の実績(事故率)では計るしかない(そして、沖縄に配備されるオスプレイの事故率は低い)。

  *        *        *

最後に、マスコミや反対している知事や市長にお願いしたいが、反対した結果何が起きるか、反対し配備を止めたら何が起きるか、予想した上で反対してもらいたい。

関西で原発再稼働に反対した方々は、原発が止まったままだと何が起きるか判っていなかった。だから、それが判った時、突然ヘナヘナと負けた。

もし、アメリカが本気で怒って、日米安保の破棄や見直しなどを求めてきたらどうするのか。中国の軍事的圧力に日本単独で立ち向かう覚悟はあるのか。

そういった圧力をかけられたらヘナヘナと沈黙して受け入れるのか。

そんなみっともない負け方をしてしまわないか。

  *        *        *

オスプレイ問題と原発問題は似ている。事実に基づかないということ、また、先の事を考えていないということの2つで。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 慣れでしょうか、政治的インパクトの差でしょうか | トップページ | 判っているのに »

コメント

自分もその通りだと思います
原発の日本製故障してないし 自信を持つべきです
頑張れ電力会社 東電除く

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年7月24日 (火) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55267184

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ問題と原発問題は似ている:

« 慣れでしょうか、政治的インパクトの差でしょうか | トップページ | 判っているのに »