« 歳費の削減に騙されるな | トップページ | 残りものには福がある? »

2012年7月 3日 (火)

政治が万能でないことに気付け

政治が万能でないことに気付け

中日新聞 社説:民主党分裂 民の声届かぬ歯がゆさ
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012070302000081.html

民主党議員は政策実現を忘れ、政権に安住してしまっているのではないか。自省を求めたい。

政権選択選挙でも、万単位のデモでも政治は変えられないのだろうか。そうした無力感に襲われても仕方がない状況ではある。

百年以上にわたり日本の政治・行政を牛耳り、政策の失敗にも無反省な官僚機構や政財官の利益共同体、既得権益層の岩盤はあまりにも厚い。

小沢さんは「政権をとったら財源なんて、なんぼでも出てくる」と言ったそうだ。この発言を目にした時、バカじゃないかと思った。政権を奪ったら、つまり首相や大統領の座を獲得したらお金がいくらでも出てくるなら、ギリシャが破綻の危機に貧しているのは何故だろうか。ギリシャ以外にも破綻した政府や国家はある。それらの国の政権担当者(首相・大統領・与党)は何をしてたのだ。

  *        *       *

政治は現実をあつかうものだ。現実に金欠なら、政治家が「金よ、いでよ」と言ってもお金はでてこない。原発を止めて「電気よ、いでよ」と言っても、電力不足は終わらない。

政治家は、法律という言葉を決めることが出来るけれど、それによって現実世界に働きかけることは出来るけれども万能ではない。

「政権選択選挙でも、万単位のデモでも政治は変えられないのだろうか」

ちがう、政治は変えられるけれど、政治が直面している現実世界がホイホイ変わったりしないと言うこと。だから現実に縛られる政治家が出す結論も、そんなに変わらないのだ。

  *        *       *

中日新聞は、政治に幻想的な力があると思っているのではないだろうか。何かを専門として学ぶと、その専門領域の力で何もかも解決できるような幻想を持ってしまう。

政治は万能でない。その現実に気がつけ、と言いたい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 歳費の削減に騙されるな | トップページ | 残りものには福がある? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55108977

この記事へのトラックバック一覧です: 政治が万能でないことに気付け:

« 歳費の削減に騙されるな | トップページ | 残りものには福がある? »